ここから本文です

岡本健一出演「Wの悲劇」オカケン・ミポリン共演の昭和ドラマに80年代が甦る

2019/12/11(水) 16:00配信

Book Bang

 孤独を抜けて涙とめぐり逢えた皆さん、こんにちは。ジャニーズ出演ドラマ/映画の原作小説を紹介するこのコラム、連載65回目にしてやっと! 闘いを呼ぶ男の出番がきたよ! 待たせたな! 

■岡本健一・出演! 「Wの悲劇」(2019年、NHK-BSプレミアム)

 原作は夏樹静子の同名小説『Wの悲劇』(光文社文庫・他)。1982年に光文社カッパ・ノベルスから出たのが最初で、何度も映像化され、現在に至るまで著者の代表作のひとつとして読み継がれている。

 舞台は製薬会社を経営する和辻家の別荘。正月に親族が集まり、夕食後の団欒を楽しんでいたとき、大学生の娘・摩子が突然血染めのナイフを手に現れる。彼女にとっては大伯父に当たる和辻家当主の与兵衛が不埒な振る舞いに及び、思わず刺し殺してしまったというのだ。スキャンダルを防ぐため、全員でこの殺人を隠蔽することに。さまざまな偽装工作を行い、万全の打ち合わせをしてから警察を呼んだ。しかし完全だったはずの工作に予期せぬ綻びが見え始める。まさかこの中に裏切り者がいるのか……? 

 というのが原作の粗筋だ。大金持ちの別荘、降り積もる雪、返り血を浴びた麗しき令嬢、腹に一物持った親族たち、莫大な遺産、偽装工作……さあ、どっからでもかかってらっしゃい、と言いたくなるくらい道具立てが揃った本格ミステリである。

 昭和生まれの私は「Wの悲劇」と聞くと、いまだに薬師丸ひろ子が「私、おじいさまを刺し殺してしまった!」と叫ぶ絵が浮かんでしまうのだけれど、これまで映画化1回、テレビドラマ化は今回を含めて6回目になる。そしてこれまでの映像化はどれもかなり原作を改変していた。薬師丸ひろ子主演の映画版なんて、原作の物語は劇中劇として使われ、それを演じる女優たちのオリジナルストーリーになってたくらいだ。面白かったけど、あの映画を見て原作を読んだ人は驚いただろうなあ。

 それらと比べると今回は、史上最も原作に忠実なドラマ化だったと言っていい。90分という枠に納めるためにカットされたり変更されたりした箇所は多々あるが、作中の時代は昭和のままだったし、偽装工作も動機も真相もすべて原作通り。季節を夏にしたため使えなくなった雪の足跡のくだりも、雨上がりの土という設定にして原作の工作をそのまま生かしていた。摩子の母・淑枝が前夫にDVを受けていたという設定と、摩子が劇作家の勉強中という設定はドラマオリジナルだが、これらの改変はむしろ原作のテーマを補強するものだ。

1/3ページ

最終更新:2019/12/11(水) 16:00
Book Bang

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事