ここから本文です

ZZR1100やCBR1000Fなどの大型スポーツツアラーが登場!【日本バイク100年史 Vol.056】

2019/12/11(水) 6:31配信

webオートバイ

(1993-1994年)<Webアルバム>

1909年、初めての国産のオートバイが誕生した。それから100年以上、あまたのモデルが世に出て、愛され、そして消えて行った。時代時代で光を放ったオートバイたち…。今となっては、もう写真でしか見ることができない車両もある。そんな、日本が誇るオートバイの歴史を紐解いていこう。「果たしてあなたは何台のオートバイを知っているだろうか?」

日本バイク100年史の写真を全て見る(24枚)

ヤマハTT250R 1993 年4 月

空冷4ストDOHC4バルブ・インナーシム式バルブ駆動のシングルエンジンと、デルタボックススイングアームを備える車体など、全てを新設計したヤマハ久々の250ccオフローダー。デジタルメーター、染色アルマイトリムなど、装備や各部の造り込みも充実している。

カワサキZZR1100[D1] 1993 年

ラムエアシステムはツインタイプとなり、高速性能を向上。それに合わせてペリメターフレームも新型のアルミプレス材&ダイキャストによるY字型タイプへの改良が施されている。足まわりもフロントブレーキはφ320mmに拡大し、リアタイヤも180にサイズアップされた。

カワサキ KLX250SR 1993 年2月

新設計された水冷DOHCシングルユニットを、125ccクラス並みのコンパクトさで高い剛性を実現したボディに搭載。本格的なオフロード走行に対応した、カワサキの新世代4ストオフローダーとして登場。圧側減衰を16段階に調整可能な倒立フロントフォークを採用するなど、足まわりにも手抜きはない。

ヤマハ SR500 1993 年2月

細部を改良して熟成を進めるSR。この年はカムシャフトをバーコリューブライト処理、サイドスタンド格納インジケーターを装備。CDIの変更やMFバッテリー化や昼間点灯システムなど、電装系も変更された。その他、燃料タンクキャップも新しくなり、荷掛けフックも追加。

カワサキ ZXR400/R 1993 年2月

キャブを小径化して馬力規制に対応、カラーも変更され、Rも同様の変更を受けた。また、11月に8耐優勝記念の伊藤ハムカラーが350台限定で販売された。

オートバイ編集部

最終更新:2019/12/11(水) 6:31
webオートバイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事