ここから本文です

中国企業の1.5倍…シリコンバレーで存在感を見せる日本の投資

2019/12/11(水) 6:40配信

SmartFLASH

 シリコンバレーの一角にある小さなお店で、日本人女性数名を集めた小さなイベントが開催された。Ruti(ルティ)というブティックは、35歳以上の女性を対象としたファッションブランドだ。

 テクノロジー企業の役員だったルティ・ジッサーさんが、自らデザインした服の販売を始め、10年間で10店舗を展開する規模になった。

 この会社が先日、ベンチャーキャピタルから600万ドルの資金を得た。ルティの特徴は可能な限り、個人対応してくれる点だ。

 この日は、社長や他店から駆けつけたスタッフが、日本人とほぼ同人数でコーディネートを手助けしていた。シンプルなTシャツでも100ドルを超える価格設定だが、クオリティが高く、個性的で品のいいデザイン、さらに年齢を重ねた女性のスタイルをよく見せる工夫もあり、女性たちの財布の紐はゆるみがちだ。

 顧客の8割がリピーターだとルティさんは語る。客にはパーソナルスタイリストがつく。日本人は普段からおしゃれでファッション意識が高く、ルティのコンセプトとの相性がいいと言う。

 ルティはAIプラットフォームに力を入れており、顔認証システムで顧客管理している。客の来店時に、店員はすぐに誰が来たか把握できるシステムだ。

 過去に買った服や会話から好みを割り出し、顧客の意見もデータベース化して、次のデザインに生かす。この日も店員が記念撮影風に女性たちの写真を撮影し、データを集めていた。

 今後は伸びているオンライン販売にも力を入れていくと言う。

 あるベンチャーキャピタルが大企業に行ったアンケートによると、シリコンバレーで展開するイノベーション拠点の4分の1近くが日系企業だった。情報収集やスタートアップ企業への投資が目的だ。

 先日、大赤字の投資で世界を騒がせたソフトバンクの他にも、大手資本が50社ほど進出してきている。ソフトバンクが牽引し、出資額も日本は今年249億ドル。2位の中国の160億ドルを大きく引き離し、数でも資金力でもダントツとなっている。

 日本政府は来年度にも「オープンイノベーション促進税制」を創設し、海外への出資も含め、大企業の投資を後押しする方向だ。

 シリコンバレー全体には今年560億ドルの資金が集まっているそうだ。現地では投資家や起業家の数が増えており、双方をマッチングさせるため、さまざまな試みが行われている。

 起業家や投資家を集めてイベントや勉強会を催し、パーティーやアクティビティなどの交流機会を与えたり、駆け出しの起業家にオフィスを提供し、そこをベースにしたネットワークを作ったり。日本人同士の交流を促進しようとしている団体もある。

1/2ページ

最終更新:2019/12/11(水) 6:40
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事