ここから本文です

ジグ単オンリーのスタイルにモノ申す! アジングを面白くさせるプラッギング

2019/12/11(水) 19:38配信

ルアマガ+

万能ではないが…他を圧倒する瞬間も!

丹羽さんは、状況に応じてミノーやシンキングペンシルなどを積極的に投入する。

「いつでも効くというわけではありませんが、ジグ単以上に釣果を叩き出してくれることもありますよ」

イワシやキビナゴを偏食していればプラグの出番

アジはプランクトンや甲殻類、イソメなどの多毛類などを好んで捕食するが、状況によってはイワシやキビナゴを偏食。

「小魚を喰っているセレクティブな状態にある個体は、ジグ単によるアプローチよりも、プラグで攻めたほうが効率良く反応を得られるケースが多いです」

革新! ワームには演出できない“水押し”

プラグの水押しは小魚が生み出す波動に近い!アジング用のワームは細身のストレート系が多い。

丹羽「ナチュラルさではワームが勝っていますが、プラグには強い水押し感がある。小魚が生み出す波動に似ているため、偏食時はワーム以上の威力を発揮してくれます」

プラグとワーム、それぞれの長所と短所

ジグヘッドリグの長所と短所
長所
◎繊細な波動で喰わせの能力に優れる
◎プランクトンなどを捕食時もアジャストしやすい
◎重量や性能のバリエーションが豊富

短所
△遠投性能
△アピール力に限界がある
△ワームは消耗しやすい





プラグの長所と短所
長所
◎遠投性に優れる
◎強い波動や水押し感が演出できる
◎耐久性が高い

短所
△一般的なプラグはフッキングが決まりにくい
△アピールが強すぎて見切られるケースもある
△ファイト時にフックアウトしやすい

プラッギングは昼夜問わず成立する

「プラグは超高活性なとき限定のイメージがあるかもしれませんが、経験上はデイでもナイトでも、小魚を偏食していればいつでもチャンス。もちろん、プラグが万能というわけではないので、臨機応変にトライしてみてください」。


プラグはファイト時にバレやすいという弱点もあるが、それを克服するモデルも存在。

次回は具体的な推奨ルアーや使い方を解説致します。

ルアマガ+編集部

2/2ページ

最終更新:2/7(金) 20:05
ルアマガ+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ