ここから本文です

「あるまじき行為だ」「惜敗などではない!」中国メディアが日本戦の母国代表チームを辛辣批評!

2019/12/11(水) 5:24配信

SOCCER DIGEST Web

「テスト色の濃いチームにA代表が敗れ去った」

 12月10日に韓国の釜山で行なわれたE-1東アジア選手権の第1戦、日本対中国のゲームは、2-1で森保ジャパンがモノにした。

【動画】危険なカンフーキックの決定的瞬間も…日本対中国戦のハイライトをチェック!

 日本は29分に鈴木武蔵が均衡を破るゴールを挙げ、70分にはCKから三浦弦太のヘディング弾でリードを広げる。終盤は中国の猛攻を受けてアディショナルタイムに1点を奪われるも、見事に逃げ切った。

 中国代表にしてみれば、1点差での惜敗と捉えてもおかしくない一戦だったが、中国全国スポーツ紙『新浪体育』の論調はあくまで厳しい。リ・ティエ暫定監督が率いる母国代表チームを以下のように断じている。

「中国は立ち上がりから、まるで守備にフォーカスできていなかった。自陣でのパスミスなど目を覆いたくなるプレーが頻発し、日本の選手に対するラフプレーも横行。とりわけ(31分に)ジャン・ジーポンが橋岡大樹の頭にフライングキックをお見舞いしたのはあるまじき行為であり、VARを見るまでもなく即退場のファウルだ。これを警告にとどめた主審はその後に明らかな日本のPKも見逃しており、本当なら中国は前半で引導を渡されていたはずだった。よって、惜敗などではない。お粗末なジャッジに助けられ、最終的に1点差という接戦を演じられたに過ぎない」

 とはいえ、最後まで攻めの姿勢を貫き、1ゴールを返した点は評価。「リ・ティエが狙いとするパス・サッカーの一端は見られたし、ゼロ点で終わるよりも1点を取れたことはひとつの成果だ」と記した。そのうえで日本代表については、「東京五輪をも睨んだ若手中心のチーム編成にあって、見るべきポイントが少なくなかったのではないか」と持ち上げ、「そうしたテスト色の濃いチームに、経験豊富な“A代表”が敗れ去った。その事実を忘れてはいけない」と諭した。

 男子の大会2日目は週末の開催。土曜日に日本は香港と、日曜日に中国は韓国と次戦を戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:2019/12/11(水) 5:24
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事