ここから本文です

堂本剛、V6、亀梨和也、Kis-My-Ft2……『2019 FNS歌謡祭』第2夜出演ジャニーズに見る“覆す力”

2019/12/11(水) 6:04配信

リアルサウンド

 今夜放送の『2019 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)第2夜。世代を超えて愛されるジャニーズアイドルたちが多数出演する中で、堂本剛、V6、亀梨和也、Kis-My-Ft2のベテラン勢に注目したい。長年、第一線で活躍してきた彼らの歩みを振り返ると、共通して“覆す力”が見えてくる。

アイドルの可能性を広げていく堂本剛

 ジャニーズ=キラキラな王子様なイメージを、いい意味で覆したのがKinKi Kidsだった。明るくてフレッシュなジャニーズソングが歌われる中で、マイナーコードの楽曲が似合う憂いを帯びた歌声。バラエティでは気怠げな言動で笑いを誘い、コンサートでも甘いセリフやファンサービスよりも、まるで漫才のようなファンいじりで盛り上がる。「世間には僕だけがよく“変わってる“って取り上げられるけど、もともとKinKi Kidsがジャニーズ事務所の中で浮いている。浮いてるということはオリジナリティがあるということだから、とても光栄なことなんですけどね」と、雑誌『音楽と人』のインタビューで堂本剛も語っている通り、ジャニーズにおいて彼らの存在はまさに唯一無二だ。

 2002年より、KinKi Kidsという枠に収まらない個性を、さらにソロ活動で広げてきた2人。堂本剛は、より感覚を楽しむ音楽へと掘り下げ、FUNKというジャンルに出会う。「TUTUTU……」と口ずさむうちに出来上がったという「TU FUNK」を筆頭に、ガチガチになった頭や、頑なになった心を、ぐんにゃりとさせてくれる作品も多い。そんな堂本剛が、今夜のステージでは生放送中にオリジナルソングを制作するというから興味深い。

 Gakushiなど信頼をおくミュージシャンから、ジェニーハイのくっきー!、ゆりあんレトリィバァなど、ユニークなメンバーで結成された「堂本剛FUNK同好会」との化学反応も予測不可能だ。

 昨年9月に『SONGS』(NHK総合)でも、大泉洋に捧げる即興FUNKを披露した堂本剛。バンドメンバーや観客とリズムに乗りながら、「oh spring YO、mojya mojya」と楽しげに制作していく姿が印象的だった。何が飛び出すかは、音を出してみないとわからない。脳みその中では答えのでない何かにぶち当たっている人にこそ、堂本剛のライブは必見だ。

1/4ページ

最終更新:2019/12/11(水) 6:04
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事