ここから本文です

【徳島】ロドリゲス監督が積み上げてきたビルドアップの”本質”。日の目を見るまであと1勝に迫る

2019/12/11(水) 7:00配信

SOCCER DIGEST Web

J1参入プレーオフ決定戦は14日の13時から行なわれる

 J1参入プレーオフの2回戦で山形を1-0で破った徳島は、14日(土)に湘南との決定戦に挑む。J1昇格が決定するだけ重要な一戦になることは間違いないだろう。そんな徳島はなぜここまで結果を残せているのか――。

【特集PHOTO】今節のハイライトを”ベストスマイル&ショット”で振り返る!~J1第34節~

 3月に掲載したコラムで「ビルドアップでしっかりと突破できなければ効果的な攻撃の場面までは持ち込めない」(リカルド・ロドリゲス監督)とプレシーズン最も力を入れたトレーニングについて伝えた。そして、8月のコラムではラスト10試合を「鍛錬したビルドアップで裏返していけるかどうかが徳島の鍵になっていくはずだ」と記した。

 そんな筆者自身だったが、致命的なピンチにつながることもあったシーズン序盤のビルドアップを、懐疑的な目で観ていたと正直に話そう。しかし、ロドリゲス監督とチーム全員が一丸となって積み上げてきた成果は、28節からのクラブタイ記録となる12戦無敗につながる。40節の横浜FC戦(0-1)で敗れたものの、ラスト2試合を連勝し、4位でフィニッシュしたのだ。
 
 シーズンを通して「ビルドアップ、ビルドアップ」とこれだけ伝えておきながらも、ひとつ忘れていたことがあった。それは“足もとでつなぐ華麗なパスワーク”ばかりに目がいっていたことだ。プレーオフ2回戦の山形戦(1-0)でも、山形のアグレッシブな前線からのプレスに対して、パスワークでかいくぐればチャンスが生まれると考えていた。

 ただ、山形戦では「いくつかの使えそうなスペースがあると想定はしていた」(ロドリゲス監督)と浮き球のパスも効果的に使ったのだ。

山形戦での決勝点は偶然ではなく、必然だ

 試合は前半、風下ということもあり、想定通りの試合運びができていなかったのは事実。だが、後半は風上に立ったことも影響してビルドアップが安定し、地上戦だけではなく、空中戦もうまく使い分けようとする意図を感じた。

 結果的に待望の先制弾が生まれたのは浮き球のパスからで、GK梶川のキックに河田が競り合い、セカンドボールを田向が回収してダイレクトで野村へ。そして、野村の絶妙なスルーパスに反応した河田が、GKと1対1になって華麗なループシュートを決めた。
 
 GKから始まったパスの数は4本。その数は少ないながら、スカウティングでどこのスペースが空きやすく、浮き球を使うとどういう場所にセカンドボールがこぼれやすいのか分析していたのだろう。偶然ではなく、プレシーズンから詰めてきた成果が凝縮された一連の流れだったように思う。

 ロドリゲス監督が積み上げてきた「ビルドアップ」。その本質は奥が深い。発展途上と記した3月から、精度を高めてきたポゼッションサッカー。J1参入プレーオフで勝利できれば、自信を持って日の目を見たと言えるだろう。

取材・文●柏原 敏(フリーライター)

最終更新:2019/12/11(水) 7:00
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事