ここから本文です

「決めるのは私、仲間に敬意を示せ」途中交代に不満のエムバペにパリSG指揮官が苦言!

2019/12/11(水) 16:53配信

SOCCER DIGEST Web

2試合連続の途中交代に…

 2試合続けて途中交代に不満を表わせば、周囲が騒ぎ立てるのも避けられない。だが、パリ・サンジェルマンのトーマス・トゥヘル監督は、チームの顔である20歳に対して明確な立場を取っている。

【動画】途中交代にプッツン! トゥヘル監督へ不満を露わにするエムバペはこちら

 12月4日のリーグ・アン第16節ナント戦で、決勝点をマークしたパリSGのキリアン・エムバペは、78分に交代を命じられると、明らかに不満げな様子でベンチに下がった。そして続く7日の第17節モンペリエ戦、再び得点を挙げて貢献したエムバペは、90分に途中交代を命じられる。

 またも不満顔を隠さないエムバペがピッチを出ると、ベンチの前でトゥヘル監督は懸命に話しかけた。交代理由を説明したのだろう。だが、フランス代表FWが指揮官に顔を向けることはなかった。
 
 11日のチャンピオンズ・リーグ、グループステージ最終節ガラタサライ戦を前に、トゥヘル監督は「キリアンのマネジメントが大変すぎるということはない」と、エムバペの気性が問題になることはないと強調している。(『ESPN』より)

「メンタリティーは特別だね。彼はつねに勝利を望む。そして、ピッチを出ることを好まない」

 ただ、どんなに優れた選手であっても、起用法を決めるのは監督だ。トゥヘル監督は「これが私の決定ということを、キリアンは受け入れなければいけない」と続けた。

「それに、彼の代わりに出場する選手に対して敬意を示さなければならない」

 一方で、トゥヘル監督は「ネイマールとキリアンがいないと、我々は特別なクオリティーを欠いた。チームの全員が彼らふたりのもたらすモノを分かっている」と、エムバペとネイマールの重要性を強調している。

「彼らはチームにとって重要な存在だ。ガラタサライ戦でさらなる前進を待っている」

 去就の噂も後を絶たないエムバペだが、鬱憤を晴らす活躍を見せられるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:2019/12/11(水) 16:53
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事