ここから本文です

吉田類、16年以上かけて47都道府県の酒場を制覇!「“健康的な酒飲み”じゃないといけない」

2019/12/11(水) 16:01配信

ザテレビジョン

12月31日(火)に年末恒例番組「年またぎ酒場放浪記~神秘とファンタジーあふれる岩手列車旅~」(夜9:00-1:00、BS-TBS/BS-TBS 4K)の放送が決定した。

【写真を見る】吉田類、フランスでも酒場放浪!

同番組で47都道府県制覇を目指していた吉田類が最後の地・岩手に飛び出し、地元のおいしいさかなと酒を提供する店の暖簾をくぐる、吉田にとってメモリアルな旅となる。

いにしえからの伝説や民話、歴史のロマンなど魅力的なファンタジーにあふれており、広大な大地を有する岩手では、列車で移動しながら飲み巡る。

今回の旅のスタートは、岩手の玄関口・一ノ関。吉田は、伊達政宗が宮城・松島と並ぶ景勝地として称賛した厳美渓を巡り、夜は地元酒造の「いわて蔵ビール」を堪能する。

次に吉田が列車に乗って向かうのは、奥州藤原氏とゆかりの深い平泉にある世界遺産・毛越寺、中尊寺。極楽浄土を表現したといわれる毛越寺庭園の美しさ、中尊寺金色堂の放つ輝き、歴史のロマンに吉田も思わず酔いしれる。

また、遠野にたどり着いた吉田は、柳田国男の記した「遠野物語」に出てくる「カッパ淵」や、「デンデラ野」といった神秘的な伝承の地を巡る。

さらに、かつて岩手軽便鉄道で使用され宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」のモチーフになった、“めがね”橋の通称で今も多くの人に愛されている半円が五つ連なるアーチ橋・宮守川橋梁も訪れる。

今回の放送で2003年の番組開始から数えて、全都道府県で酒場を訪れたことになる吉田が思いを明かす。

■ 吉田類コメント

この年末に放送する特番で行った岩手県で全国の酒場をすべて回ったことになります。僕にとって岩手は人生で最初に観光に行った土地。

そういった意味で深い縁を感じるし、むしろ最後にとっておいたということも言えるでしょう(笑)。振り返ると全国制覇するのに16年以上かかったわけですけど、感覚としてはあっという間。

それだけ充実した期間を過ごせてこれたということですね。今改めて感じるのは日本列島というのは世界的に見れば小さいけれど、奥行きのある島国だということ。

食・酒・人どれをとっても繊細で、あたたかさにあふれている。こうやって全国制覇はしましたが、僕としては日本のほんの“さわり”を体験しただけだと思っています。

これからはこの経験をベースにして“日本の奥深さ”を追求していきます! そのためには“健康的な酒飲み”じゃないといけない。

だから、普段から登山もかかさないし、生活習慣はきっちりしてますよ。おいしく飲み続ける、そのためにね(笑)

番組も17年目に突入してこれまで海外ロケ、始球式、CDデビュー…といった貴重な経験をたくさんしてきたけど、これからも未知にどんどんチャレンジしていくことは自分の目標。

それが、心と体を若く保つ生命力の源だと思っていますから。(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/11(水) 16:01
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事