ここから本文です

岩田剛典、“特攻隊員の手紙”読み上げ…プロデューサー「すばらしさに⿃肌が⽴ちました」

2019/12/11(水) 15:05配信

ザテレビジョン

12月11日(水)の「歴史秘話ヒストリア」(毎週水曜夜10:30-11:20、NHK総合)にて、岩田剛典がナレーションを担当することが分かった。

【写真を見る】岩田剛典が特攻隊員が残した手紙を読み上げる

今回は「特攻 なぜ若者は⾶び⽴ったのか」というテーマで放送。岩田は、特攻で命を落とした若き特攻隊員が残した⼿紙を読み上げる。

太平洋戦争末期、⽇本軍が⾏った体当たり攻撃「特攻」。この残酷な任務で命を落とした⼀⼈の若き特攻隊員に関する資料が、改めて注⽬を集めている。慶応大学在学中に学徒出陣で陸軍に⼊った上原良司氏は、戦局が悪化する中、特攻隊員に志願した。

出撃前夜まで、⾃分の⼼情を⼿記などに書き続け「明⽇は⾃由主義者が⼀⼈この世から去って⾏きます」という言葉を残した。⾮情な運命と闘った若者の、揺れ、うつろい、それでも考え続けた⼼の内を⾒つめる。

岩田は「僕の祖⽗は海軍の予科練習⽣でした。特攻前に終戦を迎えたようですが、戦争に関する仕事は、ひとごとでは無いと思っています。収録を終えて、今回の番組のテーマや内容に共感する部分が多くありました」とコメント。

また、NHKの制作統括、⼭内太郎チーフ・プロデューサーは、岩田をキャスティングした理由を「もちろん最も旬な若⼿俳優であること。また、当時のナイーブな若者の内⾯を、声でしっかり伝えていただけると考えたからです。ご本⼈が主⼈公と同じ慶応大学出⾝のため、時を越えて主⼈公に共感していただけるとも思いました。そして収録当⽇、そのあまりのすばらしさに⿃肌が⽴ちました。ぜひご期待ください」と明かした。(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/11(水) 15:05
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事