ここから本文です

Wakana、セカンドアルバムのリリースをサプライズ発表「何物にも代えがたい景色を大切にして音楽に込めていきたい」

2019/12/11(水) 16:55配信

ザテレビジョン

“Botanical Voice”で多彩な色を放つ女性シンガー・Wakanaが、ワンマンライブ「Wakana Winter Special Live 2019 ~瞬き~」の東京ファイナル公演を、自身の誕生日である12月10日にマイナビBLITZ赤坂にて開催し、アンコールのMCで、2020年2月26日(水)にセカンドアルバム『magic moment』をリリースすることを発表した。

【写真を見る】自身の誕生日に東京ファイナル公演を開催したWakana

今回のワンマンライブは、11月にリリースしたファーストEP「アキノサクラ EP」を引っさげてのもの。12月8日に大阪・梅田クラブクアトロ、12月10日に東京・赤坂の2会場、それぞれ昼夜の2回、計4公演が開催された。

音楽監督は、武部聡志が担当。サポートメンバーとしてSin(Key.)、福原将宜(Gt.)、中北裕子(Per.)が参加し、アコースティック編成でのパフォーマンスとなった。

ファイナルとなった東京の夜公演、Wakanaは華やかな赤いドレスで登場。

11月にリリースしたファーストEPからタイトルチューンの「アキノサクラ」や、自身が作詞を担当した「オレンジ」、3月にリリースしたファーストアルバムからWakanaが作詞、武部が作曲した「翼」などオリジナル曲に加え、クリスマスナンバー「Silent Night」「The Christmas Song」「All I Want for Christmas Is You」の洋楽カバー。

さらに「into the world」「Eden」「ring your bell」といったKalafina時代の曲を披露し、アンコール含め、計18曲をパフォーマンスした。

アンコール1曲目には、特別にステージに登場した武部のピアノ伴奏と、WakanaのみでKalafinaの「snow falling」を歌い上げた。

アンコール最後の曲「あとひとつ」を歌い終えると、Wakanaから「来年2月26日、セカンドアルバム『magic moment』をリリースします!」とサプライズで発表。その期待の大きさに、会場は大きな歓声に包まれた。

早くもセカンドアルバムのリリースが決定したWakana。このアルバムには、11月にリリースしたEPのタイトルチューン「アキノサクラ」のアルバムバージョン、同じくEP1曲目に収録された「eve」のロングバージョンにWakana作詞の歌が入り、このツアーで初披露された「breathing」をはじめ、全11曲の収録が予定されている。

2020年の年明けにはジャケット写真、新アーティスト写真、他の収録曲名、商品仕様などが公開される。

■ Wakanaコメント

今年は、「2020年に向けてどういう音楽を届けようか」とずっと考えて制作を頑張ってきました。

そして来年2月26日に、セカンドアルバム『magic moment』をリリースします。

このアルバムは11月にリリースした「アキノサクラ EP」、今回のライブのサブタイトル「瞬き」からつながっています。

直訳すると「魔法の瞬間」となるこのタイトルは、 “マジックアワー”という夕暮れの時のほんの少しの時間に見ることができる、何物にも代えがたい景色を大切にして音楽に込めていきたいという思いで決めました。

そして歳を重ねたこの日にライブができ、お客様と一緒に音楽を楽しめることをうれしく思います。(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/11(水) 16:55
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事