ここから本文です

元チキパ関根優那、「新サクラ大戦」プレーの鍵は「いかにさくらちゃんに近づけるか」

2019/12/11(水) 19:17配信

ザテレビジョン

12月11日、東京・浅草花やしき前で行われた「ラッピング人力車」出発式に、元Cheeky Paradeのメンバーで女優の関根優那と、同ゲームプロデューサー・片野徹氏が登場した。

【写真を見る】「新サクラ大戦」ラッピング人力車に乗り込み笑顔の関根優那

このイベントはPS4用ゲームソフト「新サクラ大戦」が12月12日(木)に発売されるのを記念したもの。このゲームを舞台化した「新サクラ大戦 the Stage」(2020年春上演)に天宮さくら役で出演する関根は、舞台衣装の赤い袴姿。紋付袴の片野プロデューサーと「新サクラ大戦」のラッピングを施した人力車に乗り込み笑顔を見せた。

ラッピング人力車は12月24日(火)まで浅草を走る。

■ 跳ねてる部分は天宮さくらと似ているのかな(笑)

──今回の舞台、どのようなことが新しいチャレンジになりますか。

今回の「新サクラ大戦 the Stage」の舞台は、お芝居だけではなく歌や殺陣もあるということなので、すべての部分で新しいチャレンジだなと思いました。

──今、舞台に向けて一番苦労していることは?

今回は歌もあるということなのですが、「サクラ大戦」の歌はすごく音域も広かったりするので、喉の筋肉のトレーニングとか。あとは体も動かすので、体のトレーニングを重点的に、日々コツコツとしているという感じです。

──今回の舞台で一番楽しみなことは?

「帝国華撃団」というステージに立てるということが、何よりすごく楽しみです。「天宮さくら」としてステージに立って、花組の皆さんとお芝居をしたり歌ったりできるという、すべての時間が今はすごく楽しみでドキドキしてます。

──「サクラ大戦」ファンに向けて一番見ていただきたいポイントはどんなところですか?

やはり歴代の先輩方の「サクラ大戦」の歌謡ショウがあったりなど、いろんな意味ですごく注目されている舞台だと思います。今回の舞台では、今までの先輩方のような歌謡ショウのようにはいかないかもしれないんですけど、近づけるようなパワーだったり熱意を持って演じたいと思うので、そういう気持ちの部分を見ていただけたらなと思います。

──関根さんご自身のファンの方にはどんなところを見ていただきたいですか。

今までアイドルとして活動をさせていただいていたんですが、違う意味でのステージの輝き方というのは「サクラ大戦」でしか見られないと思います。そういう歌ったりお芝居をする部分は新鮮に見ていただけると思うので、そこを楽しみにしていただけたらなと思います。

──ちなみに関根さんご自身の得意なことやチャームポイントは?

私が身長が152cmと小さめで、動き方がちょっとぴょこぴょこしてるって言われることがあるんですよ(笑)。さくらも結構跳ねてる部分が多かったりするので、そこは私も似てるのかな(笑)。そこは舞台でも自分の部分を活かせるところなんじゃないかなと思いました。

──ゲームが明日発売になります。関根さん自身楽しみにしているところは?

今までやってきたゲームとは違い、自分が演じる役をプレーするっていうのはどんな感じなんだろうってすごくドキドキして待っていました。さまざまな選択肢から選んで進んでいくっていう部分もすごく楽しみなんですけど、やはり自分と重ね合わせて、いかにさくらちゃんに近づけるかっていうのを考えながら、そして想像しながらプレーしていきたいなと思います。

(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/11(水) 19:20
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事