ここから本文です

「頭にスパイクを埋め込んだ」 橋岡の“衝撃カンフーキック”被害に敵国も驚愕「血を見る試合」

2019/12/11(水) 6:40配信

Football ZONE web

日本は中国を2-1撃破も… 相手DFの危険プレーの被害に

 日本代表は現地時間10日、E-1選手権初戦で中国相手の2-1と勝利を収めた。A代表デビューを飾ったMF橋岡大樹(浦和レッズ)が中国代表DFから危険な飛び蹴りを後頭部に受けたシーンに対し、敵国メディアも「血を見るような試合で、日本の若者は乱暴なプレーのターゲットとなった」と報じている。

【動画】衝撃のラフプレー! 中国代表DFジャン・ジーポンが日本代表MF橋岡に見舞ったカンフーキック

 国内組のみで今大会に臨んだ日本は、中国戦で3-4-2-1システムを採用。試合は前半29分、華麗な連携からFW鈴木武蔵(コンサドーレ札幌)が代表初ゴールを挙げると、後半25分にはCKからDF三浦弦太(ガンバ大阪)がヘディング弾を叩き込み、追加点を奪った。試合終了間際に1点を返されるも、なんとか2-1で逃げ切った。

 中国領土の香港英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」は、戦慄が走った危険なラフプレーに注目。前半31分、右サイドでロングボールを受けようとした橋岡に対し、中国代表DFジャン・ジーポンが左足を大きく振り上げる“カンフーキック”を後頭部に見舞った。

 主審はイエローカード提示にとどめたが、一発退場でもおかしくない危険なプレーに、記事では「血を見るような試合で、日本の若者は乱暴なプレーの標的となった」と言及。「フレンドリーマッチに該当する大会であるはずなのだが、ピッチではまったくフレンドリーではない出来事が生じた」と糾弾している。

「ジーポンは橋岡の頭にスパイクのポイントを埋め込んだ無謀なチャレンジで、最も罪深い違反者となった。彼自身は無罪を主張していたが、幸運にも主審から提示されたのはイエローカードだった。事件は制御不能となった前半にとどまらず、リ・コウも遠藤(渓太)の頭に乗るようなプレーを見せたが、これは見たところでは偶然にも映る」

 中国のラフプレーに苦戦を強いられた日本だが、敵国のメディアから見ても、危険なシーンに映ったようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:2019/12/11(水) 6:40
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事