ここから本文です

田川亨介、代表デビュー戦で得た“教訓”と決意 「そういうプレーはもっと出していきたい」

2019/12/11(水) 19:13配信

Football ZONE web

E-1初戦の中国戦で途中出場 「自分で打開するところ」の不足を課題に挙げる

 森保一監督率いる日本代表は10日、韓国・釜山で開催されているE-1選手権の初戦で中国と対戦し、2-1の勝利を収めた。FW田川亨介(FC東京)は後半途中から投入されて代表デビューを飾ったが、「反省は次に活かさないと意味がない」と語り、ここで得た教訓を次にぶつけていく決意を示している。

【動画】衝撃のラフプレー! 中国代表DFジャン・ジーポンが日本代表MF橋岡に見舞ったカンフーキック

 日本は今大会に国内組のみのメンバーで臨み、23人中14人が22歳以下の東京五輪世代の選手とフレッシュな顔ぶれとなった。中国戦では3-4-2-1システムを採用。試合序盤は苦しんだが、前半29分にFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)の一撃で先制すると、後半25分にはDF三浦弦太(ガンバ大阪)のゴールで加点した。

 2点を先行する展開のなか、最初の交代カードとして切られたのが田川だった。後半27分、先制点を挙げていた鈴木に代わってシャドーの位置に入り、精力的なランニングと守備で勝利に貢献している。ただ、出場時間が限定されていたとはいえ、FWとしては不完全燃焼だったことも間違いない。

「あの時間で出るということは、カウンターだったりが狙いで出してもらっている。もうちょっと自分で打開するところは打開するだとか、そういうプレーはもっと出していきたいと感じました」

 そう自戒すると、「反省は次に活かさないと意味がないので」とも付け加えた。決して長い時間の出場ではなくても、改善すべき点に正面から目を向け、糧とする。中3日でやってくる香港戦に向けても、「自分たちのコンセプトに沿ったサッカーを第一にしつつ、個々のストロングを積極的に出していけたら」と、すでにイメージを膨らませている。

 抜群のスピードを含めた身体能力の高さは、現地でのトレーニングでも際立つ。中国戦の反省を活かし、前線での打開にパワーを注ぎ込むことができれば――。A代表での“2試合目”に向けて、期待したいポイントだ。

Football ZONE web編集部・片村光博 / Mitsuhiro Katamura

最終更新:2019/12/11(水) 19:13
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事