ここから本文です

「不倫夫の自殺」で1000万円請求された妻の告白

2019/12/11(水) 7:50配信

東洋経済オンライン

 自殺や他殺などの「事故」によって不動産物件内で人が亡くなった物件は、昨今「事故物件」と呼ばれる。テレビや雑誌などのメディアでその言葉を耳にした人も少なくないだろう。

【漫画】『自殺遺族になっちゃった!!』

 事故物件には住みたくないという人が多いため、家賃を安くするなどの優遇処置をとっている物件も少なくない。

■事故物件扱いで安くなった家賃は誰が補填している? 

 そういう安くなった物件を狙ってわざわざ住む人たちもいる。そんな人たちが記事で取り上げられることも多い。

 ただ、その安くなった家賃は、誰が補填しているのかを気にかける人は少ない。

 「大家でしょ?」

 と思うかもしれない。もちろんそういう場合もあるのだが、亡くなった人の遺族が補償しているケースも少なくないのだ。

 2019年9月に『自殺遺族になっちゃった!!』(竹書房)という漫画が出版された。

 作者である、漫画家の宮本ぐみさんと、原作の宮本ぺるみさんは姉妹だ。今回の本は、妹のぺるみさんの経験談を中心に描かれている。つまり、ぺるみさん自身が過去に自殺者の遺族になってしまったのだ。

 自殺遺族になった後、そして自宅が事故物件になってしまった後、どのような厄介な出来事が彼女たちを襲ったのだろうか? 

 竹書房の会議室で話を聞いた。

 今をさかのぼること数年前、ぺるみさんは結婚しており2人の幼いお子さんがいた。はた目には幸せな家庭そのものだが、すでに亀裂は入っていた。

 家庭の破綻のきっかけは、ぺるみさんの夫の浮気だった。

 「浮気と言っても一晩限りの関係ではありません」

 「何とか継続して暮らしていたんですが、溝はまったく埋まらなくて、

 『家を出ます』

 と言って、子供と一緒に別居生活を始めました」

 協議離婚になり、互いの両親とともに話し合いをしていたが、夫は

 「離婚しない」

 の一点張りだった。

 それから夫は、家族や友人に説得されてなんとか離婚を受け入れたようだった。

 「それで、夫が自宅へ

 『朝、9時に離婚届を取りに来い』

 って言ったんです」

 ぺるみさんは夫と顔を合わせる気にはならず、ぺるみさんの母親に取りに行くようお願いした。

■そこで待っていたものは…

1/5ページ

最終更新:2019/12/12(木) 14:55
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事