ここから本文です

フランス代表指揮官デシャン、2022年まで契約を更新。カタールワールドカップも指揮へ

2019/12/11(水) 15:49配信

フットボールチャンネル

 フランスサッカー連盟(FFF)が現地時間の10日、フランス代表指揮官ディディエ・デシャンと2022年まで契約を更新したと発表した。FFFの公式サイトで発表されている。

【順位表】サッカー UEFAユーロ2020(欧州選手権)予選

 フランス代表指揮官デシャンは、2006年にユベントス指揮官に就任。翌年に退任すると、2009年にマルセイユの指揮官に就任した。2009/10シーズンではリーグカップ優勝を果たし、マルセイユに18シーズンぶりのタイトルをもたらした。その勢いでその年のリーグ優勝も果たした。その後、2012年にマルセイユの指揮官を退任すると、同年7月にフランス代表指揮官に就任。2018年にはフランス代表をワールドカップ優勝に導いた。

 FFFの公式サイトによると、指揮官デシャンとの契約は2022年12月31日までとなるという。このまま解任されることがなければ、2022年に行われるカタールワールドカップでフランス代表を指揮することになる。

 契約更新したフランス代表指揮官デシャンは、同国代表をワールドカップ2連覇に導くことができるだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:2019/12/11(水) 15:49
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事