ここから本文です

注目の2歳牡馬ランキング。 ディープインパクトの後継がついに登場か

2019/12/11(水) 6:00配信

webスポルティーバ

ここ数年は、牝馬の存在感が上回っていた2歳戦線だが、今年は3戦無敗のマイラプソディ(父ハーツクライ)をはじめ、GIII東京スポーツ杯2歳S(11月16日/東京・芝1800m)で脅威のレコード勝ちを収めたコントレイル(父ディープインパクト)など、牡馬にも期待の素質馬がズラリ。来春のクラシックに向けて、非常に楽しみな状況にある。

【写真】ディープインパクトの後継は?

 そんななか、今週末にGI朝日杯フューチュリティS(12月15日/阪神・芝1600m)が、年末にはGIホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)が行なわれる。どちらも、今後の行方を占う注目のレースである。そこで、それら重要な2歳GI戦を前にして、現時点での2歳牡馬の『Sportivaオリジナル番付(※)』を発表したい。※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、来春のクラシックを目指す2歳牡馬の、現時点における実力・能力を分析しランク付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。

断然の1位となったのは、コントレイル。好メンバーがそろった東スポ杯2歳Sを圧勝し、選者全員が高評価を与え、23ポイントを獲得した。

木南友輔氏(日刊スポーツ)「祖母フォルクローレは、アメリカの2歳GI BCジュヴェナイルフィリーズの覇者。現役時の映像を見直すと、勝ちっぷりがとにかく派手です。さらに、そのフットワークはコントレイルにかなり似ていて、コントレイルが活躍するのも納得です。同馬のスケール感からして、距離うんぬんとかで測られるレベルの馬ではないように思います」

市丸博司氏(パソコン競馬ライター)「東スポ杯2歳Sについては、勝ちタイムばかりがクローズアップされすぎの印象があります。高速馬場の東京・芝1800mのレースにあって、前半から縦長にならず、馬群全体で飛ばしていけば、タイムが底上げされるのは当然ですから。そういう意味では、タイム自体に驚きはありません。

 ただし、同レースを勝ったコントレイルのTF指数(※市丸氏が独自に編み出したデータ指数)だけは、この時期としては驚くべき高さでした。まだ、2戦を消化したばかりなので、断定するわけにはいきませんが、このままいけば"1強"状態でクラシック戦線を引っ張っていく可能性があります。それだけの力を秘めていると思います。

 ディープインパクト産駒は、これまでに5頭のダービー馬がいますが、クラシックを2勝した牡馬はまだいません。今夏、ディープインパクトは惜しくもこの世を去ってしまいましたが、いよいよ来年、三冠馬となるような後継馬が誕生するかもしれない――そんな期待が膨らんでいます」

1/3ページ

最終更新:2019/12/11(水) 6:00
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事