ここから本文です

『おっさんずラブ』受け身の“春田創一”がまさかの行動。ファンの心にも乱気流が?!

2019/12/11(水) 15:47配信

女子SPA!

 劇場版『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』のDVD・Blu-ray発売が発表され、特典目当てにどのサイトで購入するか、アレなら数本購入してしまおうかが一番の悩みである筆者です。その前に『あなたの番です』のBlu-rayも買わねばならないのに! 誰か助けて!

 さてSeason1の話はさておき、盛り上がってきてますね~『おっさんずラブ -in the sky-』(テレビ朝日系)。3話までを見た時点での私はこんな感じ(前回記事「『おっさんずラブ』新シリーズは全く別の世界。ファンは”新しい春田創一”も愛せるのか?」参照)だったのですが、中盤を過ぎた第6話までの感想も記しておきたいと思います。

 ぶっちゃけて書いてしまうと、色んな意味で衝撃を受けていました。えぇっ矢印はソコだったん?!自分からキスしちゃうん?!ここに来て新キャラ登場するん?!などなど……。とにもかくにも、この展開はぜんぜん予想していませんでしたよ!

 そんなわけで、今回は私の心を貫いて爆破させていった4話から6話までのエピソードの数々を紹介していきます。

あの春田創一が成瀬に自分からアプローチ

 11月23日に放送された第4話。冒頭で降り注ぐ雨の中、春田創一(田中圭)が成瀬竜(千葉雄大)を抱き締めるシーンが映し出されました。

 それを目撃して立ち尽くしている春田を想っている四宮要(戸次重幸)の表情が何とも切ないシーンなのですが、この行動は正直なところ春田の受け身な性格からしても、まだ想定内なんです。衝動に駆られて頭より体が先に動いてしまうのも春田の特徴の一つ。しかし、だからこそ逆に「衝動に駆られた」とは違うラストの場面で私は目を見張りました。

 成瀬が古墳マニアであることを知った春田。顔に笑みを浮かべる、その手には2枚の古墳展のチケットが在ったのです。これ、絶対自分で調べるなり買うなりして手に入れたものだよね?!自分から、成瀬に何か仕掛けようとしてるよね?!

 私はここでずーっと大きな勘違いをしていたと気づきました。春田=受け身キャラ。これはあくまでSeason1で脳内に植え付けられたイメージにすぎなかったことを。in the skyの春田は、あの春田とは全く違う人間なのだということを。わかってるようでわかってなかった……ここで私はようやく開眼することができたのです。

 in the skyの春田は振り回され体質でありながら、自らも振り回しに行ける男。これが完全に腑に落ちた私は、5話での成瀬への春田からのキスも衝動だけではない、意思を強く感じ取ることが出来ました。そして改めて、田中圭の演じ分けの才能に脱帽です。

1/3ページ

最終更新:2019/12/11(水) 16:24
女子SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事