ここから本文です

恵比寿でワイワイ女子会するなら肉鍋がいい!思いっきり食べて盛り上がろう!

2019/12/11(水) 5:20配信

東京カレンダー

恵比寿で女子会なら『炊き肉 牛ちゃん 恵比寿店』がイチ押し!

鹿児島生まれの絶品「炊き肉」が、恵比寿駅からすぐの場所で味わえると食通女子から絶大な支持を得ている人気店の魅力を動画でたっぷりお伝えしよう。

鹿児島発祥の「炊き肉」は今抑えておきたい注目ワード!

「炊き肉」という料理をご存じだろうか? 聞き慣れないワードかもしれないが、すでにグルメ界では各方面で話題に上る今知っておきたいキーワードのひとつとなっている。

「炊き肉」とは、鹿児島県で30年ほど前に誕生した『炊き肉 牛ちゃん』のオーナー上村氏が考案したオリジナル料理。鹿児島の知る人ぞ知る料理が、2015年に東京・恵比寿へ進出。

本店から受け継いだ秘伝のレシピはそのままに、恵比寿店ならではのこだわりをプラスし、さらにパワーアップした「炊き肉」の魅力を美味しい食べ方とともにお伝えしていこう!

「炊き」とは九州地方の方言で「煮る」という意味。しかし、「炊き肉」の「炊く」には、煮るだけでなく、野菜の出汁で肉が炊かれるという意味も込められた奥深い言葉。

テーブルに登場した肉と具材が盛られた鉄板は、ぱっと見た感じは平たく、焼くのでは?と思ってしまう。

実はこの鉄板、真ん中の部分がくぼんでおり、この中心部分だけが熱くなるように設計された『炊き肉 牛ちゃん』特製の鉄板。この鉄板で炊くからこそ、肉の旨みがたっぷりと引き出されるのだ。

グツグツと出汁が煮え始めたら、万能ネギを肉の上にのせながら全体に散らすのがポイント。この工程を経ることで、肉と野菜の旨みが全体に行き渡っていく。

万能ネギを散らした後は、鍋のくぼみの周りを囲む肉と野菜で作られた土手を内側から少しずつ崩すように、鍋の中心に入れて炊きあげていこう。

炊きあがった肉は、特製ダレで召し上がれ。

一見、かなり濃厚な味わいを想像しがちな「炊き肉」。味は確かにしっかりと濃厚であるが、油っこさを感じることはない。それは、同店で一頭買いしている名人和牛オレイン酸55%に秘密がある。

高級配合飼料「名人」を与えて育った牛肉は、融点が低く、あっさりとした脂質になるのが特徴で、牛肉を食べていることを忘れてしまいそうなほどスルスルと胃に収まっていく。

1/2ページ

最終更新:2019/12/11(水) 5:20
東京カレンダー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事