ここから本文です

こんなにあった、iPhoneでコピペする方法

2019/12/12(木) 16:01配信

ライフハッカー[日本版]

Macユーザーの皆さんは、「Cmd+C」および「Cmd+V」とともに生きてきたと思います。

【全画像をみる】こんなにあった、iPhoneでコピペする方法

プログラムをまたいでコピペができるこの便利なショートカット、WindowsでもCmdキーをCtrlキーに変えるだけで実行できます。では、iPhoneの場合、どうしたらいいのでしょう?

非常に基本的な操作なので、わざわざ取り上げるほどのことではないかもしれません。でも、まだモバイル文化に踏み込んでいないiPhoneにとってはとても重要なことでしょう。

この記事は、そんな方々に読んでほしいガイドです。

iPhoneにはショートカットキーや編集メニューはありません。すべての操作を、画面のタップで行います。

1. iPhoneでコピーアンドペーストする方法

2. テキスト編集ジェスチャーでコピーアンドペーストする方法

3. ユニバーサルクリップボードでコピペする

4. SafariでURLリンクをコピーする方法

5. テキストメッセージをコピーする方法

6. iPhone上で画像をコピーアンドペーストする方法

7. iPhoneで絵文字をコピーアンドペーストする方法

8. クリップボードマネジャーを活用する

9. コピーアンドペーストの代わりに:共有

iPhoneでコピーアンドペーストする方法

画面をタップすると、コピーやペーストコマンドを含むポップアップメニューが開きます。これは、iPhoneの全アプリ共通です。

もっと詳しく、手順を追ってみていきましょう。コピーをする前に、別の場所に貼り付けたい単語やテキストの一部を選択しておく必要があります。

1. 単語を選択する
その単語の上でダブルタップします。

すると、「カット」「コピー」「ペースト」などを含む小さなメニューが開きます。ブラウザの場合は、「コピー」「調べる」「共有」などが表示されます。

2. 1単語よりも広い範囲を選択する
ハイライトされたテキストの両端にある小さな丸の付いたハンドルのうちどちらかをドラッグします。

左右だけでなく、上下へのドラッグも可能です。

3.全テキストを選択する
あるいは、次の方法を使えば、単語、文、段落、画面上の全テキストを選ぶことができます。

単語:1本指でダブルタップ

文:3回タップ

段落:4回タップ

ページ内の全テキスト:頭でダブルタップして、2本指でページを下にドラッグ

4. コピーする
コピーしたい部分を選択したら、「コピー」をタップします。コピーしたテキストは「クリップボード」に保存され、好きな場所にペーストできます。

このクリップボードはバックグラウンドで機能するので、見ることはできません。それと、クリップボードに保存できるのは1項目のみ。

新しくコピーすると、前のテキストは消えてしまうので注意が必要です。

5. ペーストする
アプリまたは文書内で、コピーしたテキストを貼り付けたい場所をタップします。

指を押し付けたままにし、メニューが開いたら「ペースト」をタップ。

すると、テキストが貼り付けられます。

ヒント:キーボードをトラックパッドとして使うと、テキストの選択がぐっとかんたんになります。その方法は、Appleのサポートページをご覧ください。

1/4ページ

最終更新:2019/12/12(木) 16:01
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事