ここから本文です

雅子さま 誕生日「ご感想文書」公表が再三延期になった理由

2019/12/12(木) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 12月9日、56才の誕生日を迎えられた皇后雅子さまは、一年を振り返ったご感想文書を発表された。雅子さまにとって皇后となられて初めてのご感想文書。その発表までの道筋は、一筋縄ではいかなかった。

【写真】公開された皇后雅子さまのお誕生日写真

 もともと今回の文書は宮内庁が担当記者に向けて、誕生日3日前の12月6日17時半に、前もって配布する予定だった。各社が報道の準備をするためだ。

 しかし、実際に渡されたのは誕生日前日8日の夕刻だった。それは、再三の「公表延期」が原因だったという。

「公表が予定されていた6日の午後、『今日は文書が出ない』と宮内庁から連絡がありました。続けて『8日の午前10時に出す』と伝えられ、2日後ろ倒しになりました。

 ところが、その8日9時半頃、宮内庁からさらに『文書発表は夕方になる』と連絡があったんです。2度にわたっての延期で驚いた人もいたそうです」(皇室ジャーナリスト)

 なぜ予定通りにいかなかったのか。それは、「雅子さまがご多忙の中で、誕生日前にもお疲れが残っていたから」(宮内庁関係者)だという。

 雅子さまは12月3日、天皇陛下とともに東京・八王子市にある昭和天皇陵と大正天皇陵で、即位礼と大嘗祭が無事終了したことを奉告する「親謁の儀」に臨まれた。翌4日には皇居・宮中三殿で親謁の儀に臨まれ、さらに宮中三殿の賢所で、「御神楽の儀」に臨まれた。

「御神楽の儀で即位に関する行事はすべて終了しました。極度の緊張感の中で細かい所作を求められる、一世に一度の重要儀式の連続で、雅子さまのお疲れはピークに達していたはずです。地方への行幸啓での行事では、お疲れの表情を浮かべられ、ふらつかれる場面もありました。

 しかし、そうした行事の合間にも、文案について気にかけていたそうです。国民にしっかりと感謝の思いを伝えたいというお気持ちが強く、最後の最後までご自身で推敲を重ねられたのだと思います」(前出・宮内庁関係者)

◆儀式を終えられてホッとされた笑顔

1/2ページ

最終更新:2019/12/12(木) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事