ここから本文です

Apple川崎の内覧会レポート。オープンは12月14日(土)朝10時

2019/12/12(木) 20:49配信

FUNQ

日本初のモール内アップルストア『Apple川崎』

神奈川県川崎市の川崎駅前のショッピングモール『ラゾーナ川崎プラザ』内に、2019年12月14日(土)、アップルストアがオープンする。

新店舗の名前は『Apple 川崎』。

日本で10店舗目となるが、神奈川県初のアップルストアであり、かつ日本初のショッピングモールの中のアップルストアとなる。

今のところ何も明言されていないが、このApple 川崎を皮切りに、日本でも米国のように各地の大規模ショッピングモール内にアップルストアがオープンするといいなぁ……と、思う。

ベッドタウンから、休日のアクセスのいい立地

沿線としては、JRの大動脈、東海道線はもちろん、京急本線が通っており、川崎、横浜全域、特に武蔵小杉や、横浜、南武線沿線、品川や大井町方面の東京などからすこぶるアクセスがいい。


つまり、これまでの大都市のハイブランドが並ぶ目抜き通りにあるApple Storeとちょっと違って、ベッドタウンのショッピングモールのセンターに位置する……というコンセプトなのだ。

駅からのアクセスはすこぶるいい。川崎駅を降りて、ラゾーナへの連絡通路を歩いて(この連絡通路がちょうどApple川崎のあるラゾーナの2階に通じる)、ルーファ広場という広場に出たら、そこの奥手がApple川崎だ。

これまでのアップルストアと違って、モールの1テナントとして入っているので、建物外観などは周囲の店と変わらないが、このアングルから撮ると、それぞれのフロアの突き出した部分が、なんとなくApple Parkの本社Ringと似た雰囲気になっているから面白い(笑)

明るく、広い店内。もちろんタウンスクエア型

土曜日オープンなのだが、木曜日の今日、内覧会があって一部のメディアは中を取材できたので、その様子をお伝えしよう。


おそらくモールの限られた条件の中で作られたのだとは思うが、フロア内は十分に広く、おなじみの展示テーブルが合計16台設置される。もちろん、iPhoneもiPadもMacも展示販売されるが、Mac ProやMac miniは見当たらなかった。フロアの広さと顧客層の問題なのだろうか?

1/3ページ

最終更新:2019/12/12(木) 20:49
FUNQ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事