ここから本文です

実は危険なウシの糞、魚やフンコロガシにも被害

2019/12/12(木) 7:12配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

人間が家畜に与える薬が、巡り巡って生態系を脅かす

 米バージニア州、ブルーリッジ山脈のふもとに広がる牧場には、ウシたちが近づけない場所が1カ所だけある。

ギャラリー:コガネムシの肖像 世界最大のカブトも 写真11点

 ミドル川だ。広さ16ヘクタールの牧場内を曲がりくねって流れる川のそばには、イタチハギが頭上高く茂り、トゲのあるブラックベリーがびっしりと覆い、ヒッコリーやシカモアといった広葉樹も並んでいる。

 牧場主であるボビー・ホワイトスカーバー氏とその妻ジーン・ホフマン氏は、15年かけてこの「植物の壁」を作り上げた。すべては、ウシの進入を阻むためだ。

「ウシを締め出した後、驚くほどの速さで川は元の姿を取り戻しました」と、ホワイトスカーバー氏は言う。今では、在来種のカワマスが泳ぎ、健全な川の指標であるトビケラほかさまざまな水生昆虫が暮らしている。

 しかし、昔から川は健全だったわけではない。

 ウシたちを川で自由に歩き回らせていた頃は、ウシのひづめが川底の沈殿物をかき回すせいで、水生生物の数が減少した。排泄物の問題は、さらに深刻だった。ウシの糞には窒素とリンが含まれており、これが川の先にあるチェサピーク湾に流れ込んで、有害な藻類を過剰に繁殖させることがある。

 それ以外の汚染物質も、糞と一緒に流出する。たとえば家畜に投与される抗生物質、駆虫薬、痛み止めなどだ。ホワイトスカーバー氏の場合、こうした薬剤はめったに使用せず、使うとしても病気にかかった個体に限るようにしている。ただし、こうした努力をする畜産家はほんの一部だ。

 米食品医薬品局(FDA)の報告によると、米国で2017年に販売された家畜用抗菌薬(抗生物質や抗寄生虫薬を含む)は、1万トンを上回る。世界全体で10億頭のウシが飼育されていることを考えると(さらにニワトリやブタ、ヒツジ、ウマなどもいる)、恐ろしい量の家畜用の薬剤が海や川に入り込んでいると、専門家は言う。

 こうした薬剤が野生動物に及ぼす影響は、かつて考えられていた以上に幅広いことがわかりつつある。避妊ホルモン剤による魚のメス化、鎮痛剤によるハゲワシの中毒、さらに最近の研究では、抗寄生虫薬によって昆虫の体が小さく、病弱になっているとの報告もある。

1/3ページ

最終更新:2019/12/12(木) 7:12
ナショナル ジオグラフィック日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事