ここから本文です

車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身

2019/12/12(木) 11:04配信

サライ.jp

知らずに損している!?追加整備や予防整備の理解度について

また、注意していただきたいのが車検付帯サービスです。

各社で様々な車検があります。高ければ高いなりにしっかりやってくれていると錯覚する場合もありますが、実際には、車検以外のサービスにコストがかかっているケースもあるのです。

そこで、「車検時に行われる追加整備の内容を知っていますか?」と質問したところ、ここでも半数近くの方が『なんとなく知っている』(30.0%)、『あまり知らない』(20.6%)、『知らない』(6.2%)と回答しています。

さらに、「車検時に行われる予防整備の内容を知っていますか?」と聞いてみたところ、ここでは半数以上の方が『あまり知らない』(30.0%)、『なんとなく知っている』(27.1%)、『知らない』(10.9%)と回答し、車検時にかかるプラスアルファについてしっかりと理解したうえで受けている方は少ないことが判明しました。

例えば車の引取りや納車には、人件費が発生します。

その他にも、車検の安全や整備に関係のないサービスによって価格が上昇することもあります。

「高ければ高いだけしっかりやってくれるはず!」という認識が、実は落とし穴になっている可能性も…。

「新エコカー減税」では得をしましたか?

ところで、皆さんは「自動車重量税」というものをご存知ですか?
自動車重量税とは、自動車の区分や重量、経過年数に応じて課税される税金のことです。
自動車は、車両重量の0.5トン毎に税額が増加します。

「新エコカー減税」では、この自動車重量税が燃費量などによって一部免税されることをご存知でしょうか。

そこで、「重量税の減税分得をしましたか?」と質問したところ、『わからない』(54.5%)と回答した方が半数以上という結果になりました。

免税されているかどうかではなく、そもそも「自動車重量税」について詳しく知らない、という方が多いようですね。

車検の内容を理解してから依頼しないと大変なことに……!?

さらに、「車検時の追加作業・料金の相場を知って依頼しましたか?」と聞いてみたところ、6割近くの方が『いいえ』(58.6%)と回答しました。

車検に関して何にどうしてお金がかかっているかが分かっていない理由について聞いてみると、『複雑で理解できない』(26.6%)、『知る機会がなかったから』(21.6%)、『営業マンに進められたから』(11.6%)といった意見が挙がりました。

現在の車検とは、法律で決められたものですが、店舗によって商品・サービスが全く異なります。
通すだけの車検から、保守管理まで様々、同じ作業でも店舗によっては、値段が数万円、または数倍違ってくることもあります。

とはいえ、専門的な知識を身につけるのは大変なことですよね。
従来は、どこでやっても大差はなく、車を買った店舗や知人のお付き合いでご依頼されているケースが多く見受けられましたが、これからは内容で判断する時代です。

ご自身の車検事情にしっかりと目を向け、知識がなくても余分なお金を支払うことがない、安心できる会社を選びましょう。

【調査概要:車検に関する意識調査】
■調査期間:2019年11月8日(金)~ 2019年11月10日(日)
■調査方法:インターネット調査
■調査人数:1,106人
■調査対象:1年以内に車検を受けた方
■モニター提供元:ゼネラルリサーチ

2/2ページ

最終更新:2019/12/12(木) 17:18
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ