ここから本文です

核で平和を人質にする北朝鮮、その狙いは?

2019/12/12(木) 23:01配信

Japan In-depth

【まとめ】

・金正恩は「核を放棄する」とは1度も言っていない。

・全ては、金王朝を守り抜くことが根底にある。

・金正恩の非核化=朝鮮半島の非核化=核軍縮

2019年9月30日、コリア国際研究所・所長の朴斗鎮氏を講師に招きJapan In-depthセミナーが開かれた。テーマは『朝鮮半島情勢ー金正恩の真の狙いとはー』。トランプ政権により、日米同盟も安心して頼れなくなっている状況の中、日本の安全保障にとって核問題は非常に重要な問題として提起されている。そのような中で、我々は北朝鮮の核をどう捉えるべきか。



■ 核問題

「今やっている米朝交渉で、金正恩が核を放棄するのかしないのかが焦点となる。」と朴氏は提起した。

核を放棄するとの意見もあるが、朴氏は「放棄しない」、というかそもそも1度も「放棄すると言ったことがない」ことを強調した。

2018年4月20日、党の中央委員会の全員会議で、金正恩は核は完成したので経済に集中するとし、北朝鮮は「これから核実験もミサイル発射もしない」と述べたという。

トランプ氏はこれを自分との約束と捉えたようだが、これは米国との約束ではなく、核保有を進める党の決定に過ぎないことを朴氏は説明した。

しかし、日本の一部学者・ジャーナリストは、この一文を誤解釈し、北朝鮮は「これからは経済に集中する」「路線が転換された」「核放棄宣言」だと解釈したことを朴氏は問題として挙げた。北朝鮮は核完成宣言をしたに過ぎなかった。



■ なぜ核は放棄しないのか

そもそも北朝鮮はどういう体制であるかについて朴氏は話した。

まず、ソ連によって朝鮮半島の北半分占領され社会主義体制に入っていき、金日成という人物が指導者に立てられた。1967年までは旧ソ連型の社会主義国だったので、そこに一党独裁はあっても、一人独裁ではなかった。だから「朝鮮民主主義人民共和国」が社会主義国であることは間違いなかった。

「ただ、ここでいう民主主義は、日本でいう自由民主主義ではない。これは、労働者や農民を中心に、それを支持する人たちを集めて政権を維持していくという、統一戦線に基づいた人民民主主義である。」と朴氏は、この違いについて説明した。その本質はいわゆる「プロレタリアート独裁」である。

また、米、中、露、そして日本に囲まれている朝鮮半島は、圧力釜の中で存在しているような存在と言っても過言ではなく、過去に中ソ論争などが起これば「どっち側につくのだ」という重圧がかかってきたという。生存方法を考え抜いたあげく徹底的な独裁に持って行く形になり、金日成1人に権力を集中させる結果となった。そして、1人に権力が集まることにより、その1人を守ることが国のすべての使命になった。つまり、「国民のための国ではなく、1人のための国」になったということだ。

朴氏は、「首領1人さえ存在できればこの国は維持できるということで、国民が何百万人飢え死にしようが眉毛1つ動かさない国になってしまった。だから、金正恩が今やろうとしているのは、国民のためではなく、この3代に渡る首領独裁(金王朝)をどのように存続させるか。これが朝鮮民主主義人民共和国の国是であり唯一の生存方針」だと伝えた。

1/2ページ

最終更新:2019/12/12(木) 23:01
Japan In-depth

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事