ここから本文です

何度見ても美しいロッベン氏の超絶ループ!レアル時代にCLゼニト戦で決めたゴールを見よ

2019/12/12(木) 18:46配信

フットボールチャンネル

 今から11年前の2008年12月10日、当時レアル・マドリーに所属していた元オランダ代表FWアリエン・ロッベン氏が、記憶に残るスーパーループシュートを決めた。

【動画】ロッベン氏の超絶ループはこちら

 ロッベン氏は2007年にチェルシーからレアルに移籍。怪我の影響で出遅れるも、同年9月のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ブレーメン戦でレアルデビューとなった。その後、2009年にバイエルンへ移籍。そして、ロッベン氏は今年7月に現役を引退した。

 2008年12月10日にゼニトとのCLグループリーグ最終節に臨んだレアル。レアルのホームで行われた一戦は、ラウール氏の2得点とロッベン氏のゴールで3-0の勝利を収めた。ロッベン氏はファンデ・ラモス体制の初勝利に貢献した。

 センターライン付近でゼニトからボールを奪ったラウール氏は、前線に走っていたロッベン氏にスルーパスを供給。トラップからそのままペナルティエリア右に持ち込むと、左足でループシュートを放つ。綺麗な弧を描いたボールはGKの頭上を越え、ゴールに吸い込まれた。後ろから相手DFが追いかけていて、左足での難しいシュートだったが、ロッベン氏は綺麗なループシュートを決めて見せた。

 UEFAチャンピオンズリーグの公式ツイッターが、現地時間の11日にこのゴールシーンの動画を投稿している。

最終更新:2019/12/12(木) 18:46
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事