ここから本文です

日本にも導入希望! タイに溢れる新型トヨタ・カローラのタクシー用グレードとは

2019/12/12(木) 18:03配信

WEB CARTOP

カラフルなカラーで存在感もバツグン!

 今回タイ・バンコクのスワンナプーム国際空港に到着し、宿泊先に到着したのは日も暮れた夜8時ごろ。買い出しのため近くのショッピングモールに向かうと、途中で多くのトヨタ・カローラ・アルティスのタクシーを目撃した。バンコク周辺ではタクシー車両は圧倒的にカローラ・アルティスとなっており、カローラフリークの筆者としては、それだけでもたまらない光景であり、一発でバンコクが気に入ってしまった。

年収1000万円ドライバーも誕生した最新タクシー業界の実態!

 ただ見かけるタクシーは先代アルティスが圧倒的に多かったのだが、ついに新型アルティスのタクシーに遭遇したのである。最近は東京都内でも黒塗りのタクシーが増えてきているが、バンコク市内ではカラフルなカラーのタクシーばかりが多く走っている。カラフルなボディに行灯をつけたタクシー仕様でも、その格好良さに思わずうっとりしてしまった。

 タクシー車両のベースは“Limo”という仕様になり、一般向けでは最廉価グレードとなる、1.6リッターエンジンを搭載する“1.6G”がベースとなり、Gよりも装備を落とした仕様がLimoとなっている。ただパワートレインは1.6Gと共通だ。

 1.6Gからのおもな変更点は、シートマテリアル、オートエアコンからマニュアルエアコン、6スピーカーから4スピーカー、そしてスマートエントリーシステムの省略となっている。価格は1.6Gが86.9万バーツ(約315万円)に対し、Limoは82.9万バーツ(約300万円)。

 調べていたら、カローラ・アルティスの中級から上級グレードは日本でのディスプレイオーディオのようなものとなりCD再生はできないが、ハイブリッドのエントリーグレードと1.6GとLimoはCD再生機能付きオーディオとなっていた。日本でもこのシステムはオプションとして必要かもしれない。

タイではカローラがステイタスのある名前

 インドネシアにおけるタクシー業界最大手のブルーバードグループでは、車両のほとんどはトヨタ車となる。ただセダンはヴィオスベースだが“リモ”、アバンザベースは“トランスムーバー”と車名をわざわざ変えている。これは消費者が「タクシーに使われているクルマと同じは嫌だ」という反応があるためとされている。

 一方のタイでは“カローラ・アルティスLimo”となっている。日本で長年クラウンがタクシー車両でもそのまま車名として使われていたのと同じように、タイでもカローラにはそれだけのステイタスがあるということなのだろうか? とにかく乗用仕様も含めて、街なかにカローラが溢れている光景は筆者にとって、まさに楽園のような光景なのである。

小林敦志

最終更新:2019/12/12(木) 18:03
WEB CARTOP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事