ここから本文です

非暴力・非宗派のイラク反政府デモがもたらす希望と混乱

2019/12/12(木) 20:01配信

ニューズウィーク日本版

<宗派対立が激しかったイラクで非暴力・非宗派のデモが頻発。抗議者がつくり上げた秩序はこの国の新たな希望になるのか>

それは一瞬、「学園祭」のように見えた。チグリス川沿いにテントが張られ、炊き出しのトマトスープが振る舞われる。あちこちに設置されたスピーカーからはアラブ音楽が爆音で流れる。

【動画】イラクのデモ隊に放たれる催涙ガスと銃弾

通り沿いで「私たちは国が欲しい」とアラビア語でプリントされたTシャツを販売する男性がいた。「普段は花屋をしているんだけどね」。そう朗らかに言った後にこう付け加えた。「昨日、深夜近くまで店を開いていたときに、通りの向こう側に爆弾のようなものが落ちてきたよ」

ここは11月中旬のイラクの首都バグダッド。反政府抗議運動の現場だ。

<あらゆる層が集まるデモに>

一連の反政府抗議運動は10月上旬に始まった。既に死者は400人を超え、アデル・アブドル・マフディ首相が辞任する事態に発展している。

イラクは2003年のイラク戦争後、激しい宗派対立に苦しんできた。新政権はそれまでサダム・フセインの政権に弾圧されてきたシーア派が中心となり、不満を募らせたスンニ派の一部がテロ組織のアルカイダや「イスラム国」に取り込まれた。分断された社会では、宗教指導者や政党がかつてなく力を持ち、政権への抗議運動はこれまで彼らを中心に行われてきた。

しかし今回のデモは毛色が違う。まず抗議行動の雰囲気が明るく、多種多様な人たちが集まっているのだ。

抗議運動に来る人たちがまず集まるのは「タハリール広場」。普段は車通りの多いロータリーだが、デモの今は歩行者天国になっている。

明るいピンクのシャツに白いパンツルックの2人連れの女性がイラク国旗を持っているのに出くわした。

「私たちはキリスト教徒。いつもはこの向こうの教会に行くけど、今日はデモに来た。失業問題が深刻で、息子たちはもう成人しているのに仕送りが必要な状況。これはイラクの問題で、宗教や宗派は関係ない」

今回のデモの要求は、まず高い失業率の改善だ。イラクの若者の失業率は36%に上る。次に汚職の撲滅。イラクは世界の汚職ランキングで180カ国中12位に位置し、汚職によって公共インフラの整備が進んでいないと人々は考える。

そして、これらのデモが拡大したきっかけに、イスラム国掃討作戦に貢献した人気の軍人アブドゥル・ワハッブ・サアディの解任への抗議がある。サアディはシーア派だが、汚職まみれの政治家と違い、宗派を超えて信頼されていた人物だった。現政権の都合で突然解任されたことに人々は怒った。

1/4ページ

最終更新:2019/12/12(木) 20:01
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ