ここから本文です

【K-1】格闘代理戦争の卒業生対決、前回勝利の松本日向は「今回はしっかり倒しに行きます」とKO決着宣言

2019/12/12(木) 22:22配信

ゴング格闘技

2019年12月28日(土)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~』で、橋本実生(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と対戦する松本日向(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が11日(水)都内所属ジムにて公開練習を行った。

【写真】現役大学生の松本は爽やかな笑顔

 両者は「格闘代理戦争4thシーズン」(AbemaTV)の卒業生として同大会でプロデビュー。この時は延長判定までもつれる大接戦の末、判定2-1の僅差で松本に軍配があがった。今回はK-1に場所を移しての再戦で、お互いにとって雌雄を決する決着戦と言える一戦だ。

 迎え撃つ立場の松本は、橋本に合わせてサウスポーに構えたシルバーウルフの大宮司進代表が持つミットに右ミドル、ワンツー、左ボディ、右ローと打ち込んで快音を響かせる。松本は「毎日すごくいい環境の中で練習をやらせてもらっているのでコンディションはバッチリです」と明るい表情で語り、好調を感じさせた。

 KHAOSの試合後「いつかまた再戦すると思う」と口にしていた松本。プロ2戦目で再戦の機会が訪れた形となったが「最初に聞いた時は再戦ということよりK-1の本戦に入ったことの方がビックリで、そっち(再戦)よりも“憧れのK-1に出られるんだ!”という感じでした」とまずK-1出場への喜びを言葉にする一方「確かに再戦は早いなと思ったんですけど、いつかやると思っていたのでこんなもんかなと思いました」と再戦に特別な意識はない。

 1度対戦した上での橋本の印象を「“強い”というより“上手い”のが大きくて、自分のやりたいことをやらせてもらえなかった」という松本は「意外と自分が想像していたイメージと違っていたので、今回それが分かっている分有利かなと思っています」と冷静に分析。「今回は打ち合うより常に自分が攻め続けて終わらせる。そういう展開にしようと思っています」と、前回のような接戦にはならないと言う。

 さらに「前回は勝ちに行くことが1番の目的というか、勝ちに行ってしまったので、今回はしっかり倒しに行きます」とKOでの決着を宣言した。

 K-1本戦出場というチャンスに恵まれた松本は「プレッシャーや緊張も多いんですけど、そこに浮かれないで地に足をつけて誰よりも頑張ろうと思っています」と気を引き締め「K-1という場に飲まれないで、自分らしく行こうと思っています」とK-1での戦いについて語った。

 そして「しっかり大会を盛り上げられるように、誰よりも熱い試合ができるように、自分がKOでちゃんと倒して勝てるように、試合まで練習を頑張ります」と必勝を期した。

最終更新:2019/12/12(木) 22:22
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事