ここから本文です

ベージュパンツ×ボーダー柄は「ほっこりしないニット」を選ぶのが正解!

2019/12/12(木) 20:30配信

GISELe

しなやかな風合い、ゆったりとしたサイジング。ニット特有のやわらかい表情を生かせば、見違えに効く柄や多色づかいも「しっくりくる」仕上がりに。そんな絵になるニットの中でも、ベーシックな服にプラスの効果をもたらすデザインだけをピックアップ。

ベージュパンツのコーディネートをぜんぶ見る


>> SELECT IT
スタイリングを「よりよく」導く実例集
知性を高めるチェックやモードに導くくすんだカラーブロックなど。品格をくずさずに新鮮味を足せるデザインニットにしぼり、その効果をシンプルなボトムと合わせて検証。


SMART LINE
白&黒を使わず辛口スタイルを表現
ともすると男の子っぽくなりがちな、ベージュパンツとボーダー柄。ニットの上品な質感でエッジが効きすぎず、気張らないアクセントとして活躍。

 DESIGN KNIT 
ほっこりしない縞模様

Relax Edgy
ボーダーニット 44,000円+税/サヤカデイヴィス(ユナイテッドアローズ 新宿店) パンツ 9,800円+税/ROSE BUD、ピアス 2,500円+税/8degrees(ともにROSE BUD) ベルト 11,000円+税、パンプス 19,000円+税/ともにアルアバイル バッグ 16,000円+税/MARROW(4K)


MORE VARIATION
完成度が上がる「主役ニット」の選択基準
色づかいは強気にほっこりしない縞模様
□派手色や多色が辛口ニットへと更新
□切れ味のいいラインもざっくり編みで力まない

GISELe編集部

最終更新:2019/12/12(木) 20:30
GISELe

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事