ここから本文です

「あぁ、ショックを受けてる」「純粋な奴だ」バルサのデヨングの落胆ぶりが話題!古巣アヤックスのCL敗退に…

2019/12/12(木) 15:21配信

SOCCER DIGEST Web

バレンシアにホームでまさかの敗北

 勝利を祝うバルセロナの面々のなかで、ひとり浮かない表情だった男がいる。今夏にアヤックスから加入したフレンキー・デヨングだ。

【動画】スクリーンを見て…落胆するデヨングの様子はこちら!

 現地時間12月10日に開催された、チャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージ最終節で、バルサはインテルと敵地で対戦。すでに首位通過が決定しているため、エースのリオネル・メッシを遠征メンバーから外すなど、若手主体のメンバーで臨んだものの、カルレス・ペレスとアンス・ファティのゴールで2-1の勝利を収めた。

 終了のホイッスルが鳴り、控えめながらチームメイトが白星を喜ぶなか、デヨングはスタジアムのスクリーンを見上げて項垂れる。その反応を見れば、そこに何が映っていたのか容易に想像できた。古巣のアヤックスがバレンシアに0-1と敗れた、その結果だ。

 レアル・マドリーとユベントスを連破してベスト4に進出するなど、昨シーズンのCLで大躍進を見せたアヤックスは、今夏にその原動力となったデヨングとマタイス・デリフト(→ユベントス)という二枚看板を引き抜かれた。だが、今シーズンも攻撃的なサッカーは健在で、グループ首位で最終節を迎えていた。

 しかし、引き分けでもラウンド・オブ16進出が決まるホームでのバレンシア戦にまさかの敗北。そのバレンシアとチェルシーに抜かれて3位に転落し、ELに回ることになってしまったのだ。
 
 オランダ代表MFは、スクリーンに映った結果で古巣の敗退を悟ったのだろう。その何とも切ない表情にファンも反応。SNS上では、こんなコメントが飛び交っている。

「打ちひしがれてるね」
「あぁ、すごくショックを受けてる」
「純粋な奴だ」
「ナイスガイだ」
「だったら残留すればよかったのに…」
「初恋は忘れられないものだ」

 ステップアップのために移籍を決断したとはいえ、デヨングにとって、育ててくれたアヤックスへの想いは特別なのだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:2019/12/12(木) 15:21
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事