ここから本文です

旬の今こそ食べたい!鮮度も味も抜群な、南知多の絶品漁港グルメ

2019/12/12(木) 8:00配信

ウォーカープラス

伊勢湾と三河湾に面した南知多は、水揚げされる魚介の豊富さが魅力。しかも、冬の魚は脂がたっぷりとのって味がいいと評判だ。わざわざ足を運びたくなるほどおいしい南知多の漁港グルメを、地元の人たちに教えてもらった!

【写真を見る】今が旬の魚は、脂がたっぷりのっておいしい!南知多の魅力とは?「海鮮丼・イクラのせ」(税込 1700円) / 豊浜 魚ひろば

■ 昼まで楽しめる朝市が注目!師崎(もろざき)漁港

年間を通して漁獲量が多く種類も豊富なため、昔から素晴らしい漁港として知られている師崎漁港。「師崎漁港朝市」の場内には、水揚げされたばかりの鮮魚や、各店の自家製の干物、特産品として人気のシラスなどが所狭しと並んでいる。産地ならではの手頃な価格で、新鮮な魚を手に入れよう!

■師崎漁港朝市 / 住所:愛知県知多郡南知多町師崎林崎地先 / 電話:0569-63-0349(師崎商工会) / 時間:8:00~12:00 / 休み:水曜 ※祝日の場合は営業、2019年12月25日(水)は営業

■ 師崎漁港で食べたい、"崎っぽ料理"

「魚貝料理 崎っぽ料理 丸誠(まるせい)」は、魚が生きている状態から調理を始める"崎っぽ料理"が名物。刺身で食べれば弾力ある歯応えを味わえ、焼いたり煮たりすればふっくらとした食感になるのが特徴だ。

■魚貝料理 崎っぽ料理 丸誠 / 住所:愛知県知多郡南知多町師崎林崎106 / 電話:0569-63-4131 / 時間:10:30~15:00、17:00~19:00 ※夜は要予約 / 休み:火曜 ※祝日の場合営業

「活魚料理 海老料理 朝日屋」では、店内の巨大な生けすに、種類豊富で鮮度のいい魚を泳がせ、極力注文が入ってからさばいている。カワハギ、アジの姿造り、車エビの躍り食い、ワタリガニの丸茹でなどが名物だ。

■活魚料理 海老料理 朝日屋 / 住所:愛知県知多郡南知多町師崎朝日町2-35 / 電話:0569-63-0089 / 時間:11:00~17:00、火 ~14:00 / 休み:水曜

できたての魚料理と本格的な焼き肉の両方を楽しめる「はま美(み) 本館」には、地元の漁師や料理人も通う。アットホームな雰囲気のなか、30種類以上の魚メニューと約20種類の焼肉メニューが楽しめる。

■はま美 本館 / 住所:愛知県知多郡南知多町片名新師崎2-36 / 電話:0569-63-0426 / 時間:11:30~21:00 / 休み:木曜、最終週の水曜

■ 愛知県最大級の水揚げ量を誇る、豊浜(とよはま)漁港

知多半島のほぼ南端に位置する豊浜漁港は、愛知県下最大級の水揚げ量を誇る。「豊浜 魚ひろば」は、海鮮、水産加工品、海の幸グルメを一挙に楽しめる観光市場で、どの店も優しい接客がうれしいかぎり。旬の魚や調理方法について丁寧に教えてくれる。商品が出そろう11時から12時の間に訪れるのがおすすめ。

■豊浜 魚ひろば / 住所:愛知県知多郡南知多町豊浜相筆33 / 電話:0569-65-0483 / 時間:8:00~16:00、土日祝 ~17:00、市場食堂は10:00~、土日祝 8:30~ / 休み:火曜 ※祝日の場合は営業

■ 地元の人にも愛される!豊浜漁港のおすすめグルメ

「魚河岸食堂 あゆちゃん家」は、席が漁師の仲間や家族で埋まることもあるほど、地元で愛される店。漁師が船から直接持ち寄った魚を、ぎりぎりまで生けすで生かしておくため、鮮度は抜群。店主が所有する漁船で一本釣りした魚を味わえることも。

■魚河岸食堂 あゆちゃん家 / 住所:愛知県知多郡南知多町豊浜須佐ノ浦1-4 / 電話:0569-77-6020 / 時間:11:30~24:00、ランチ ~15:00 / 休み:不定休

「田中屋」は、1966年に開業した海沿いに立つ料理旅館。毎日仕入れる地ものを中心とした鮮度抜群の魚介と、メニューの豊富さが人気の理由だ。

■田中屋 / 住所:愛知県知多郡南知多町豊浜打合4-27 / 電話:0569-65-0146 / 時間:11:15~14:00、17:00~19:00、土日祝 11:00~19:00 / 休み:火曜 ※祝日の場合は営業

場所柄"知る人ぞ知る"店である「鮮魚 御食事処 参平(さんぺい)」は、店主が厳選した旬の魚でつくる、昔ながらの素朴な味わいの魚料理が好評だ。

■鮮魚 御食事処 参平 / 住所:愛知県知多郡南知多町山海後田11-3 / 電話:0569-62-1212 / 時間:11:00~21:00、17:00~は前日までに要予約 / 休み:火曜

南知多には、この時期だからこそ食べたい魚介がたくさん。活気に包まれた港町を歩きながら、新鮮な魚を堪能しよう!(東海ウォーカー・東海ウォーカー編集部)

最終更新:2019/12/20(金) 16:36
ウォーカープラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事