ここから本文です

「Indeed CMオンエアバトル」に千鳥が満を持して参戦! 「千鳥の20年全部見せることができた」

2019/12/12(木) 4:00配信

ザテレビジョン

「Indeed(インディード)」のCMシリーズ「Indeed CMオンエアバトル」の新CMとして、千鳥が出演する「コンビニ」篇と「居酒屋」篇が12月12日(木)より全国でオンエアされることが決定した。

【写真を見る】大悟のボケに対してノブが返したツッコミとは?

「Indeed CMオンエアバトル」は、銀シャリ、ジャルジャル、野性爆弾、笑い飯の芸人4組が、「仕事さがしは Indeed♪」というおなじみのメロディーに合わせネタを披露し、チャンピオンを競い合うCMキャンペーン。

「コンビニ」、「居酒屋」、「アパレル」という3つのシチュエーションで、各コンビが職場で働く店員とお客に扮し、台本なしでその場で考えた6秒間の即興ネタを披露するという、まさに芸人の力量が問われる究極のショートネタバトルだ。

一般からの投票でチャンピオンに選ばれたコンビは、2020年の年始に放送されるIndeedのCM枠をジャックできる権利が与えられる。現在、4組が出演するCM「コンビニ」篇の各バージョンが放送され、白熱のバトルが展開されている。

そんな中、これまでIndeedのCMに出演してきた千鳥が満を持してバトルに参戦。CMキャラクターの座を保持する“現チャンピオン”として、CM出演を狙う4組を迎え撃つ。

また、千鳥の出演する「コンビニ」篇、「居酒屋」篇の放送開始と同時に、12月12日(木)からは銀シャリ、ジャルジャル、野性爆弾、笑い飯の出演する「居酒屋」篇も放送される。

■ 熟練の技が炸裂? 撮影現場の様子をレポート!

慣れた表情で現場入りした大悟とノブは、まず他4組の完成したCMを確認。昔から苦楽を共にした芸人仲間たちの、それぞれの特徴が表現された“Indeed”芸についつい爆笑してしまう二人だったが、すぐに気を引き締め撮影へ。

大悟が突拍子もない謎のせりふでボケると、ノブはすぐさま鋭いツッコミを入れていくが、理解不能なボケに思わず笑いを堪えることができない様子。

カットがかかり映像を見直しながら、大悟は「俺、今何て言ったっけ?」と、自分でもその場の思い付きで話したせりふを忘れてしまうお茶目な一面を見せ、現場を和ませていた。

過去にもIndeedのCMで、台本のない即興ネタでの撮影経験があった二人は、苦戦していた他の4組とは違い、6秒という短い尺に一発でネタを収め、元祖としての貫禄を見せつけた。

なお、「Indeed CM オンエアバトル」特設サイトでは、全パターンのCMを視聴可能。さらに、同CMを審査する「お笑い審査員」の仕事への応募方法や、SNSを使った投票方法も紹介しているので、ぜひお気に入りのコンビを投票でサポートしてみよう。

■ 「これ以上は何もない、もうカラカラになりました」(大悟)

今回のCM撮影を終えたばかりの千鳥にインタビューを敢行。久々の即興ネタや、他の芸人たちのネタの感想などを語ってくれた。

――1年ぶりに台本の無い「Indeed」のCMに参加してみていかがでしたか?

ノブ:楽しかったですね! 相変わらず全フリーで(笑)。こんなCM撮影ないですからね。

大悟:大変は大変なんよ!(笑)

ノブ:さっき監督さんも「僕、(台本書いてないのに)お金もらっていいのかなー」って言ってましたもん。

大悟:じゃあその分(ギャラを)頂きたいですね!

――ネタの手ごたえはいかがでしたか?

大悟:良かったんじゃないですかね! 千鳥の20年全部見せることができたんじゃないかと思います。これ以上は何もない、もうカラカラになりました。

ノブ:なんか2個くらいネタした後に、スタッフさんがすごい欲しがる顔されますよね(笑)。

大悟:意外と本命じゃないネタがはまったりしてね。やってみないとわからないですね!

■ 「王道はこれなんだと思って見てほしい」(ノブ)

――他4組が同じシチュエーションでネタに挑戦しておりますが、ご覧になっていかがでしたか?

ノブ:面白かったですね! 特にデビューから一緒にやってきた笑い飯がやってるのは、なんかうれしかったです。

大悟:笑い飯らしさがね。面白かったー。みんな、(それぞれのコンビ)っぽかったですね。

ノブ:野性爆弾さんはファンのように好きなので、やっぱ面白かったですけど、フリの部分のロッシーさんがなんて言っているか一切わからなかった(笑)。

大悟:くっきー!さんはロッシーさんの使い方がうまいんよ。すっごい難しいで、あれ。ツッコミなしでボケ考えるの。

ノブ:そうですよね。あと禁じ手使ってましたね。まさかの吉本社員が出てくるっていう(笑)。これが本当にCMで流れると思うと無茶してますよね、Indeedさんは(笑)。

――最後に、今回の企画に応募する方々に一言メッセ―ジをお願いします!

ノブ:もともと、こういうのをやりだしたのは千鳥です。そういう目で見てください! これなんだと、王道は! 正解はこれなんだとちょっと贔屓目でみてください(笑)。

大悟:ノブが言って、ちょっとやらしいなという感じになりますが、事実そうです! 千鳥がやっていたものを他の4組がやり始めました。それなので、基本を僕らが示してやりました。20~30プラスで考えてください(笑)。(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/12(木) 4:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事