ここから本文です

世界が注目の13歳・城桧吏、“病に冒された天才ピアニスト”役で『ドクターX』2話連続出演!

2019/12/12(木) 21:54配信

ザテレビジョン

米倉涼子主演の人気ドラマシリーズ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)。12月12日放送の第9話から、映画「万引き家族」(2018年)で世界に絶賛された俳優・城桧吏が出演し、話題をさらっている。

【写真を見る】「ピアノの経験はない」という城桧吏。入念な役作りで天才ピアニストを熱演!

■ 城桧吏「たくさんピアノを練習しました」

「ドクターX―」で今回城が演じるのは、天才ピアニスト・吉行和十(よしゆき・かずと)。宇崎竜童演じるロックスター・九藤とチャリティーコンサートでセッションする予定が、手に重病を負ってしまい「手術するとピアノが弾けなくなる」と診断されてしまう役どころだ。第9話のエンディングで登場し、九藤に「心配するなカズト。東帝大にはすばらしいドクターがいる。大門未知子先生だ」と未知子(米倉)を紹介され、12月19日放送の最終回で未知子の手術を受けることに…!

2018年に公開された映画「万引き家族」に出演して世界的にも注目を集め、その後、ドラマ「グッドドクター」(フジテレビ系)、大河ドラマ「西郷どん」(NHK総合ほか)、「時効警察はじめました」(テレビ朝日系)などに出演した城。2020年冬公開の映画「約束のネバーランド」でメインキャラクターを演じているほか、主演映画「都会のトム&ソーヤ」が2020年夏公開を控えるなど、着実にキャリアを重ねている。

「ドクターX」出演にあたり、城は「第6シリーズまで続く、『ドクターX』に出演させて頂けたことをとてもうれしく思っています。僕の役・和十は天才ピアニストなのですが、僕自身はピアノの経験がなく、どのようにすればいいのかわからないという不安がありました。ピアノを弾いている方や、監督から頂いたアドバイスを参考に沢山練習し、少しでも和十に近付けるように役作りを行いました。現場はとても楽しくて、家に帰りたくないと思える程暖かい場所でした。そんな撮影に参加出来たことが本当に幸せです。全力で和十を演じさせて頂きましたので、皆さん是非ご覧下さい」と意気込む。

第9話のラストで城演じる和十が登場すると、SNSはさっそく視聴者からの「この美少年誰かと思ったら城桧吏くんだーー!!」「万引き家族の時より大人っぽくなった!」といった声でにぎわった。最終回では、練習を重ねたというピアノ演奏シーンもあり、期待が高まる。

■ 未知子の手術が失敗…!?最終回あらすじ

「ドクターX―」は、かつてないほどの大赤字に見舞われた倒産寸前の白い巨塔「東帝大学病院」を舞台に、米倉演じる天才フリーランス外科医・大門未知子(米倉)が孤高の戦いを繰り広げる人気シリーズの最新作。

第9話では、日本が誇るロックスター“勇チャン”こと、九藤勇次(宇崎竜童)が「東帝大学病院」に入院。検査の結果、後腹膜肉腫ステージIIIだと判明するが、それはかつて未知子が過去に侵された病で――というストーリーが描かれた。

そして12月19日(木)に放送する最終話では、東帝大学病院に幼き天才ピアニスト・吉行和十が入院してくる。ニコラス丹下(市村正親)の支援を受けジュリアード音楽院に進んだ和十は、現在重病に侵されており、ピアノが弾けなくなるかもしれない危機に瀕していた。

手術を拒む和十は、大門未知子の「必ずまたピアノが弾けるようにする。私、失敗しないので」という言葉を信じ、手術を承諾。手術は決行されるが、未知子はその最中に突然術式変更をする。和十の術後の経過が芳しくないのを見た原(鈴木浩介)は「手術は失敗だった」と未知子を責め立てて――というエピソードが展開する。

(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/12(木) 21:54
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事