ここから本文です

中村倫也&門脇麦&佐久間由衣「エル シネマアワード」授賞式に登場!スーツ&ドレス姿披露

2019/12/12(木) 18:04配信

ザテレビジョン

12月12日、「エル シネマアワード2019」授賞式が東京・東京會舘で行われ、女優の門脇麦と佐久間由衣、俳優の中村倫也、映画監督の蜷川実花が登壇した。

【写真を見る】中村倫也、スーツに“蝶ネクタイ”姿もやはりかっこいい…全身SHOT

■ 蜷川実花が「エル ベストディレクター賞」を受賞!

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』を手掛けた蜷川は、日本の映画界で輝く監督に贈られる「エル ベストディレクター賞」を受賞。「去年から今年にかけて映像の作品が多くて、髪を振り乱して必死にやっていたんですけど、こんな華やかな場所に呼んでいただいて背中を押していただけたので、来年も走り続けようと思います」と受賞の喜び表した。

映画の仕事が多くなっているが、写真の仕事に戻りたいという気持ちも強いのでは?という質問には「映画って不思議なもので、やってる最中は大変なんですけど、終わるとするに『次、やりたい!』って思って、いろんなプロデューサーに連絡したり。取り憑かれたようにやりたくなるのを本数を重ねるほど感じています。貪欲ですよ!欲しいものを全部手に入れるために頑張ります!」と仕事に対しての意欲を伝えた。

■ 佐久間由衣が「エル ガール ライジングスター賞」受賞!

「あの日のオルガン」に出演し、「“隠れビッチ”やってました。」で映画初主演を果たした佐久間が受賞したのは、今後の活躍が期待される若手女優に贈られる「エル ガール ライジングスター賞」。

「身に余る光栄な気持ちです。ひとつひとつ丁寧に向き合える作品に出会えたことを幸せに感じています」と受賞の気持ちを伝え、「19歳の時にこのお仕事を始めましたけど、それまではファッションに無頓着でした。この仕事を始めてから、用意していただいた服を着て役作りをすることで心が豊かになったり、自分で洋服を選んで気持ちが変化したり、ファッションから勉強させてもらいました。ファッションと映像のお仕事は切っても切り離せない関係があると感じていますので、これからも両方とも自分らしく向き合っていけたらと思っています」と自身の変化と成長を語った。

■ 中村倫也が「エル メン賞」を受賞!

中村は、今年目覚ましい活躍をした男性俳優に贈られる「エル メン賞」を受賞。ディズニー映画『アラジン』の日本語吹替版の主役を務めたほか、「台風家族」などに出演。

12月13日(金)公開の映画「屍人壮の殺人」で共演している佐久間の姿を見て、「僕、竹馬に乗ってもそんなにスタイリッシュにならないです」と感想を伝えて場を和ませた後、「今年を振り返ると一個一個着実にというか、不安もいっぱいありましたけど、やったら手応えを感じた一年でした。将来の財産になるような仕事をさせていただいた一年だったなと思います」と多忙だった今年を振り返った。

映画以外にもドラマ「凪のお暇」「初めて恋した日に読む話」でも印象的な演技を見せた中村。「去年までだったら恋愛ドラマに出させてもらっても恋愛の“何角関係”とかに入れない人を演じていたので、自分に務まるのか?という不安はありましたが、ありがたいことに街を歩いていても『見てました』と言ってくださる方が多いので、いい仕事ができたのかなって思いました」と笑顔で喜びを伝えた。

■ 門脇麦が「エル ベストアクトレス賞」受賞!

そして、日本映画界でもっとも輝いていた女優に贈られる「エル ベストアクトレス賞」は、映画「チワワちゃん」「さよならくちびる」などに出演し、来年の大河ドラマ「麒麟がくる」への出演も決まっている門脇麦が受賞した。

「今年公開の映画は私より年下の若い方々と仕事をする機会が多くて、まだまだ私も未熟者ですし、気持ちは若手なんですけど、もう若手の気分でいられないというか、早く現場を支えられるような、現場を引っ張っていけるような人間になりたいと強く思った一年でした」と今年を振り返り、「作品を作るのは最終的には人との出会いに尽きると思っているので、大切な方がまわりにいて幸せだなと思います」と関わった人たちに感謝の気持ちを伝えた。

(ザテレビジョン・取材・文・撮影=田中隆信)

最終更新:2019/12/12(木) 20:34
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事