ここから本文です

“後頭部キック”被害の橋岡大樹、大反響への“驚き”明かす 「すごく話題になっていて…」

2019/12/12(木) 20:38配信

Football ZONE web

E-1選手権初戦の中国戦でラフプレー被害も、相手にレッドカードは提示されず

 森保一監督率いる日本代表は韓国・釜山で開催されているE-1選手権に参加し、10日の初戦では中国を2-1で下した。この試合で中国DFのラフプレー“被害者”となったDF橋岡大樹(浦和レッズ)は、「何よりも大事に至らなくて良かった」と語り、代表デビュー戦を振り返っている。

【動画】衝撃のラフプレー! 中国代表DFジャン・ジーポンが日本代表MF橋岡に見舞ったカンフーキック

 日本は今大会に国内組のみのメンバーで臨み、橋岡を含む23人中14人が22歳以下の東京五輪世代の選手とフレッシュな顔ぶれとなった。中国戦では3-4-2-1システムを採用。試合序盤は苦しんだが、前半29分にFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)の一撃で先制すると、後半25分にはDF三浦弦太(ガンバ大阪)のゴールで加点。終盤に1点を返されたものの、重要な初戦で勝ち点3を手にしている。

 この一戦で試合内容とともに話題を呼んだのが、前半31分に発生した中国DFジャン・ジーポンのラフプレーだ。右サイドでロングボールを受けようとした橋岡に対して、ジャン・ジーポンが左足を振り上げて対応したものの、その足が橋岡の後頭部を直撃。レッドカードが出てもおかしくない危険なプレーだったが、主審の判定はイエローカード止まりとなっている。

 幸い橋岡は大事には至らず、練習では他の選手と同じメニューを消化。試合2日後となる12日の練習後の取材対応では、「あのシーンがすごく話題になっていて…」と驚きを表しつつ、次のように振り返った。

「自分も正直、あの場面では『レッドなんじゃないかな』と思って見たら、イエローだった。ただ、それは審判が決めたことで、何も思いませんでしたし、しっかり信用していました。危ないプレーだったのかもしれないですけど、両チーム必死にやっているからこそ、ああいうプレーも生まれたのかなと思います。大怪我になっていたら少し残念だったかもしれないですけど、何よりも大事に至らなくて良かったと思っています」

 代表デビュー戦でのとんだ“災難”となってしまった橋岡だが、ラフプレーにも屈することなく右ウイングバックとして堅実なプレーを見せ、大会初戦の勝利に貢献。攻撃面では左サイドが目立つ展開ではあったが、初の舞台で及第点のプレーを見せていたと言っていい。次の出番に向けたイメージも明確になっている。

「まずは結果を残すこと。目に見える結果を出したいというのと、自分の良さが際立つようになればいいかなと。でも、何よりもまずはチームが勝てば、それが一番のみんなの目標でもある。そこに向かってまずはやっていきたいなと思います」

 今後は14日に香港戦、そして18日には韓国戦を控える。“ラフプレー騒動”を忘れさせるくらいの躍動で、タイトルへと邁進したいところだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:2019/12/12(木) 20:41
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事