ここから本文です

「久保建英のために勝負を賭けない」 バルサ→レアル“禁断の移籍”が起こった真相は?

2019/12/12(木) 17:50配信

Football ZONE web

バルサ贔屓紙「ムンド・デポルティーボ」のボス記者が論評で獲得失敗の経緯に見解

 日本代表MF久保建英は今夏にレアル・マドリードと契約後、同じスペイン1部マジョルカに1年間の期限付き移籍を決断。現在は5試合連続でスタメン出場を果たすなど、試合を重ねるごとに存在感を増している。バルサの下部組織で育ち、18歳になると同時にバルサに戻ることが“既定路線”と見られていただけに、ライバルであるレアル行きは話題を呼んだが、バルサ贔屓で知られるスペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は、「タケ・クボの一件の真実」と題し、バルサが久保獲得に至らなかった経緯を論評で報じた。

【動画】「日本の全員を驚かせる贅沢」と海外反響! マジョルカ久保建英、天才メッシに衝撃の“股抜きドリブル”を成功させた決定的瞬間

 2011年から4年間、バルセロナの下部組織で育った久保は、日本でのプレーを経て今夏にレアル加入を決断。今季はマジョルカへ期限付き移籍したが、宿敵の一員となったことから、現地時間12月7日のリーガ第16節バルセロナ戦(2-5)では古巣の本拠地カンプ・ノウからは盛大なブーイングが送られることになった。

「ムンド・デポルティーボ」紙のハビエル・ボス記者は、今回の移籍劇に関して論評で自身の見解を示している。

「バルサは彼を求め、すでに18歳となった少年(久保)は家に戻ることを望んでいた。それは確かだ。しかし、最初の話し合いで全員がその違いを目の当たりにすることになる。ラモン・プラネス(強化技術部長の補佐役)とホセ・マリ・バケーロ(下部組織の最高責任者)は、マヌエル・フェレールを筆頭とするタケの代理人が求めているものはクラブが提示していたバルサBの年俸とはかけ離れているということを確認した。ここ(バルセロナ)へ戻るため、1シーズンあたり200万ユーロ(約2億4000万円)とエージェントへのコミッション(手数料)を求めていた」

 金銭面に加え、外国人枠の問題、そしてレアルのフロレンティーノ・ペレス会長の存在が、バルセロナとの契約の障害になっていたとボス記者は主張する。

「もう一つ乗り越えるのが難しいとみられるものがあった。バルサの外国人枠はこの時点で埋まっており、選手がトップチームへたどり着くための余地がなかった。その後、マルコム(現ゼニト)の放出により、(エルネスト・)バルベルデ監督のプランに入る可能性もあった。しかし、バルサは求めていた条件を呑むことを望まず、タケはマドリードへ移籍した。なぜならフロレンティーノ・ペレスは、それが誰であろうと、新しいメッシが白いユニホームを着ることを望んだ。いまだ“ネイマール・シンドローム”を抱えるフロレンティーノは、新たなサッカーの宝石になり得る原石を逃したくなかった。さらに、その宝石がバルセロナへ戻って輝きを磨くなんて許せなかった」

1/2ページ

最終更新:2019/12/12(木) 17:50
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事