ここから本文です

過去来日した元メジャー・リーガーの中にはこんな大物がいた!

2019/12/13(金) 11:01配信

週刊ベースボールONLINE

●ドン・ニューカム(中日:1962年)

 1962年に中日に入団したドン・ニューカムは、メジャー初の「黒人投手」として新人王やリーグMVPを獲得。また、1956年に創設されたサイ・ヤング賞を「初めて受賞した選手」でもある。1960年シーズンに所属していたインディアンスから解雇され、2年後の1962年に「外野手」として中日に入団。81試合に出場して1年で退団したが、日本に来たことが間違いなのではと思うほどの大物だった。

●ラリー・ドビー(中日:1962年)

 上のドン・ニューカムを超える大物が、同じく1962年に中日に入団したラリー・ドビーだ。史上2人目の黒人メジャー・リーガー(ア・リーグでは初の黒人選手)で、最多本塁打2度、最多打点を1度記録。1959年に現役を引退したが、1962年に中日に入団し1年間だけプレーした。1994年にはインディアンス時代にドビーが背負っていた14番が永久欠番になり、1998年にはアメリカ野球殿堂入り。大物中の大物選手だった。

●リッチ・ゴセージ(ダイエー:1990年)

 1990年にダイエーにやってきたリッチ・ゴセージも、後にアメリカ野球殿堂入りを果たした大物助っ人だ。ホワイトソックスでプレーしていた1975年にクローザーに定着すると、以降はヤンキースでも活躍し、数々のタイトルを獲得。1994年に引退するまでに通算310セーブを記録し、2008年に野球殿堂入りとなった。そんな大物だが、ダイエーでは8セーブしかできず1年で解雇されている。

●ケビン・ミッチェル(ダイエー:1995年)

 実績だけでなくお騒がせ度も超大物だったのが、1995年にダイエーが獲得したケビン・ミッチェルだ。メジャーでは1989年に47本塁打、125打点で2冠に輝き、リーグMVPに選出。翌年も35本塁打、93打点と活躍し、2年連続でオールスターにも出場した。その実績を買ったダイエーが推定年俸4億円で助っ人として獲得するが、無断帰国など問題が相次ぎ、シーズン半ばの8月に解雇となってしまった。

 巨人に加入するパーラや、阪神が獲得したボアは今回紹介した選手のような実績は残していないが、実績があるからといって活躍するかどうかはまた別の話。もしかすると、日本の水が合って、NPB史に残るような活躍をする可能性も考えられる。2人がどのようなプレーを見せるのか、キャンプインを心待ちにしたい。

文=中田ボンベ@dcp 写真=BBM

週刊ベースボール

2/2ページ

最終更新:2019/12/13(金) 13:07
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ