ここから本文です

嵐・二宮と松本「肩組み拒否と2ショット写真」騒動の真相

2019/12/13(金) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 自分の言葉で胸中を率直に明かした松本の思いはファンにしっかり届いたようだ。

「ファンクラブの会員サイトでも、こんなメッセージが出るのは異例のことでファンの間でも驚きをもって受け止められた。松本さんのメッセージからは二宮さんの結婚についての複雑な思いも伝わってくる。そのうえで、ファンへの感謝をしっかり伝えています。ファンとしては松本さんがしっかり自分たちの気持ちをわかっていてくれると安心したようです。

 松本さんがメッセージを出したのも当然“不仲騒動”を知ってのことでしょう。誰も傷つけない形で、二宮さんを援護射撃した松本さんの責任感はさすがだと思いました。12月6日から8日まで福岡ドームでコンサートがありましたが、そこでは松本さんが二宮さんの肩に手を置くシーンがあったそうです。今はファンの間で、騒動は沈静化しています」(前出・芸能関係者)

◆相葉イジりで見せた普段の笑顔

 そして12月4日には5人のこんな姿が見られた。

 その日放送の『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)では、相葉が司会を務めていた。

「相葉さんがFNS歌謡祭の司会をするのは今回が初めてです。生放送が苦手だという彼は2016年に単独でNHK紅白歌合戦の司会をした時もかなり緊張気味で、放送が終わる時には、達成感からか涙を浮かべていたほど。それから3年近くが経ちましたが、当日もそれを上回りそうなほど硬くなっていましたね」(番組関係者)

 ただ、紅白の時とは違い、ほかの4人が観客席から至近距離で相葉を見守っていた。

 時には「めっちゃ緊張している」と相葉をイジったり、CM中に相葉が台本を読み込んでいるのを暴露。まるで、4人で相葉の緊張を取ろうと努めている姿が放送された。

 その様子を見たファンはSNSに、

《4人が相葉くんの保護者みたい!》
《みんな相葉くんを大好きなことが伝わってきた》
《この仲の良さが、やっぱり嵐だよね》

 などと書き込み、メンバーの絆の強さを再確認していたようだった。

「結婚発表が突然だったこともあり、ファンは些細なことに敏感になっていました。でも、FNS歌謡祭の時、目を合わせて笑いあっている二宮さんと松本さんを見て安心したようですね。現場でも普段と変わらない、いつもの嵐でした」(前出・番組関係者)

 2020年は嵐イヤー。さらなる絆を見せてくれそうだ。

※女性セブン2020年1月1日号

3/3ページ

最終更新:2019/12/13(金) 12:21
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事