ここから本文です

今すぐ真似したい冬のおしゃれ「ホリデーメイク」まとめ

2019/12/13(金) 0:00配信

コスモポリタン

クリスマスに忘年会、カウントダウンパーティと、心華やぐイベントいっぱいなシーズンがいよいよスタート。キラキラのアイシャドウやリップ、アーティなグラフィック・アイライナーなど、いつもより少しだけ冒険したメイクに挑戦してみて。人気セレブを担当するメイクアップアーティストのInstagramから見つけた、特別なディナーやパーティ、ナイトアウトに使える簡単なアイディアを、コスモポリタン アメリカ版よりご紹介します。

【写真】ホリデーシーズンに真似したくなる「アイメイク」10

ピグメント・アイ

大きめのラメがたっぷり入ったピグメントのハイライターやアイシャドウは、今シーズンのお出かけにマストなアイテム。モデルのジョシー・レーンは、「Nabla Cosmetics」のティールブルーとピンクのデュオクローム・ピグメントを使用。これをまぶたと眉骨全体に混ぜれば、あらゆるパーティの準備は完了!

グリッター・アイシャドウ

グリッターは決して新しいトレンドではありませんが、シーズンごとに定着している人気の理由は、とても可愛くて楽しげだから! グリッター用の下地をまぶたに乗せてから、グリッターをオン。ぎっしり敷きつめてもいいし、軽くたたいてシアーに仕上げても◎。

ネオン・アイシャドウ

キラキラやグリッターを使わなくても、華やかなメイクは可能だと証明してくれるのが、アメリカで大人気のドラマ「ユーフォリア」からヒントを得たメイク。ケンダル・ジェンナーのように、ネオンオレンジのアイシャドウをあしらえば、パワフルな仕上がりに。

シングルカラー・メイク

「ハッキリした色のリップに、ニュートラルな目」というパーティメイクの暗黙のルールに従う必要はありません。今年は、バーガンディのリップと、キラキラしたバーガンディのアイシャドウを組み合わせたマッチング・カラーメイクを楽しんで。

オトナ・リップ

グリッターリップ以外のアイディアをお探しのあなたへ。ジョアン・スモールズのような、クラシックでありながらとてもゴージャスなベリー色のリップを試してみて。サテンのような仕上がりのリップをひと塗りし、目と肌はニュートラルに保つ、そうすれば最高の冬を送れるはず。

※この翻訳は、抄訳です。

最終更新:2019/12/13(金) 0:00
コスモポリタン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事