ここから本文です

ネットメディアで「ネットの闇」を斬る 横行する「危うい正義」最終回

2019/12/13(金) 17:21配信

Japan In-depth

【まとめ】

・元KARAのク・ハラさんがSNSによる誹謗中傷などにより自殺した。

・誰でも書き込むことができるネットでは「誤爆」もある。

・ネットは無政府状態だったが法的処置をとるケースも増えてきた。

先月、元KARAのク・ハラさんが自殺した。享年28。

KARAや少女時代は割と好きだったが、顔と名前が一致するほど入れ込んではいなかったので、当時の動画を見ても、どの娘か分からなかった。いずれにせよ痛ましいことだ。ご冥福をお祈りします。

問題は自殺の動機で、SNSによる誹謗中傷があったと指摘されている。

これは、本シリーズで取り上げている「見当違いな正義感」とも異なる。いや、当事者はなにか正しいことを言っているつもりなのかも知れないが、とんでもない話だ。

職場や学校でのイジメも、しばしば隠蔽されかけて、かえって問題になったりするが、ネットでのイジメは、ごく最近まで無政府状態というに近かった。

ネットは匿名の世界で、なにを書き込んでも「やったもの勝ち」といった風潮があり、これが世に言うネットリンチが繰り返される土壌となっていたのだが、最近は、法的措置で対抗できることに皆が気づきはじめて、状況が少しずつ変わってきたように思える。

記憶に新しい例では、今年8月、常磐道で「あおり運転」のあげく暴力を振るった馬鹿がいたが、その一部始終をガラケーで撮影していた同乗者の女がいた。 その後、犯人隠匿容疑で逮捕されたわけだが、その前に、無関係の女性が「ガラケー女」としてネット上に個人情報をさらされ、いやがらせを受けたという。なぜ「という」表現かと言うと、私はそんな「拡散希望」など相手にしているヒマはないので、後で報道で知ったからだ。

これも拡散した当事者たちは、早く犯人が捕まって欲しい、という正義感の表れだったのかも知れないが、見当違いどころか「誤爆」だったのである。この女性は、ネット上のデマで名誉を傷つけられたとして、拡散した人たちの身元を特定し、訴訟を起こした。

実は私も、ネットで誹謗中傷されたことが一度ならずある。

とりわけ、2007年に『反戦軍事学』(朝日新書・電子版も配信中)という本を書いた時などは、ネット右翼や右寄りの軍事オタクから執拗な攻撃を受けた。

中でもひどいのは「林信吾」を名乗る誰かがネットに色々と書き込みをして、それが叩かれる、という例まであった。

プロの物書きだから書いたことには当然責任を持つし、毀誉褒貶はこの稼業につきものだと割り切ってもいるが、書いてもいないことで非難されたのでは立つ瀬がない。と言って当時の感覚では、訴えようにも,弁護士や同業者から、

「同姓同名の別人という可能性もあるから」

などと言われる始末であった。

ある軍事ブロガーなど、どうせ訴えられないと見越したのか、Wikipediaの「林信吾」の項目に「作品の評価」などという欄を加筆し、

「『反戦軍事学』はじめ軍事関係の著作も何点かあるが、間違いや論理の破綻が多いという批判がある」

などと書いた。なぜその軍事ブロガーの仕業と知れたかと言うと、自分のブログのURLに飛ぶよう加工してあったからである。人に危害を加えて、指紋がべったり付着した凶器を現場に置き捨てて、逃げ切れると思っていたのだろうか。いや、もしかしたら自分のブログの宣伝になるとでも思ったのか?

私自身Wikipediaはよく参照するが、年号などを確認する以上には信を置いていない。

1/2ページ

最終更新:2019/12/13(金) 17:21
Japan In-depth

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事