ここから本文です

短観は製造業の弱さを示すも景気は緩やかに持ち直しへ

2019/12/13(金) 9:48配信

NRI研究員の時事解説

製造業の景況感は予想以上の大幅下落

日本銀行が12月13日に公表した「日銀短観(12月調査)」で、大企業製造業の業況判断DI(最近)は「0」と前期比で5ポイントの予想以上の大幅下落となった。同DIはこれで4四半期連続での下落だ。事前予想の平均値は「+3」程度だった。さらに大企業製造業の業況判断DI(先行き)はやはり「0」の横ばいと、景況感の下げ止まりは示唆されるものの、改善は予想されていない。製造業の景況感は非常に厳しく、製造業に限れば、日本は景気後退に陥っている状況と言える。

業種別に見ると、業務用機器と自動車の景況悪化が際立つ。これは、主に海外需要の弱さを反映するだろう。

非製造業の予想以上の安定は継続

しかしながら、大企業非製造業の業況判断DI(最近)は「20」と前期比で1ポイントの小幅下落にとどまり、引き続き歴史的な高水準が維持されている。製造業と非製造業の景況感の乖離は、驚くほど大きい。

全規模全産業の2019年度設備投資計画(含む土地投資額)は、+3.3%と0.8%ポイントの小幅上方修正となった。小幅上方修正は設備投資修正の季節的パターンを反映した面があるが、その増加率は過去の平均(2000年度~2018年度)の水準を依然上回っている。

足もとの機械受注統計には弱さは見られるものの、7-9月期GDP統計(2次速報)でも確認されたように、設備投資の安定は依然として維持されている。

このように、外需の弱さを反映して製造業の景況感は厳しい状況が続いているものの、設備投資の堅調、個人消費の安定を反映して非製造業はなお安定を維持しており、経済全体で見れば本格的な景気後退の局面にはない。

製造業の景況感も緩やかに持ち直しへ

ただし、この先も製造業の景況悪化、生産活動の悪化が続けば、いずれ設備投資や個人消費にもその悪影響が顕著に及び、非製造業の調整局面に入ることで、経済全体が本格的な後退局面に陥る可能性も排除はできない。しかし、その可能性は比較的限られるのではないか。

それは、製造業の活動に大きな影響を与える海外需要に、既に安定化の兆しが見られるためだ。日本銀行が公表している実質財輸出は、7-9月期に前期比+1.8%と大幅に増加した。さらに足もとの主要な海外経済指標を見ると、11月の中国の製造業景況感は大幅に改善し、景気底打ちを兆している。また、日本と同様に製造業は調整局面にある米国でも、クリスマス商戦で楽観的な見通しが強まっている。11月雇用統計でも、雇用者増加数は予想を上回る増加となった。今年春先以降の長期金利の大幅低下は、年末から年明けの時期を中心に、自動車・住宅といった金利変動に敏感なセクターを中心に、米国の家計支出を刺激するだろう。

1/2ページ

最終更新:2019/12/13(金) 9:48
NRI研究員の時事解説

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ