ここから本文です

共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の老人が言ったこと...

2019/12/13(金) 16:50配信

ニューズウィーク日本版

<中国は目覚ましい発展を遂げているが、それを享受するには条件があるようで......。世界各地でジョークを収集してきたノンフィクション作家、早坂隆氏によるジョーク・コラム第2回>

【生活の改善】
習近平(シー・チンピン)が中国人民の生活の実態を知ろうと、変装して街の視察に出た。

習近平は公園のベンチに座っていた一人の老人に話しかけた。

「最近の暮らし向きはいかがですか?」

「ええ、とてもよくなっています」

習近平はうれしくなって、さらに聞いた。

「例えばどのように?」

老人は答えた。

「以前は小さくて汚い木造の小屋に住んでいたのですが、今ではキレイな高級マンションで暮らしています。食事も昔はトウモロコシばかりでしたが、今では肉や魚を好きなだけ食べることができます」

習近平は心の中で歓喜した。

(素晴らしい! 私の政策がうまくいっている証拠だ。人々の生活は間違いなく向上している。本当によかった!)

老人は笑いながら続けた。

「本当にうれしい限りですよ。娘が共産党の党員と結婚できるなんて」

◇ ◇ ◇

中国を訪れるたび、高層ビルが雨後の筍(たけのこ)のごとく増えているのがよく分かる。北京や上海の建物の高さは、とうに東京や大阪以上。近年の訪日中国人は、日本の建物が思ったよりも低いことに驚くのだとか。世の中とは、いつの間にか逆さまになっているものである。

確かに中国の経済発展は瞠目(どうもく)に値する。しかし、その一方で都市部の郊外などに広がるスラム街のような一角は、以前とあまり変わっていない様子。中には見違えるほど様変わりしたエリアもあるが、その理由を聞けば、人々の暮らしが豊かになったのではなく、当局からの立ち退き命令によって従来の住民が追い出された結果であるとのこと。まったくジョークにもならない。

日本を含め、世界のどの国でも格差の問題は叫ばれるものだが、大国・中国ではそのスケールも超弩(ど)級である。豊かな生活を送りたければ、やはり特権階級たる共産党員になるしかないか。

覇権主義に人権蹂躙に言論統制で、唯一無二の阿鼻叫喚

中国共産党の党員数は、既に9000万人を突破。その数、ドイツの人口(約8300万人)以上というから大驚失色(たいきょうしっしょく)を禁じ得ない。

だがその共産党国家における腐敗や汚職の常態化は、一向に解消されず。習近平政権は「トラ(大物政治家)もハエ(末端官吏)も共に叩く」との反腐敗運動を掲げているが、猛獣も害虫もよほど群れを成しているのであろう、その効果はどうにも心もとない。

国際社会を望見すれば、「アメリカ一強時代」は呆気(あっけ)なく閉幕し、今や「米中二強時代」。早晩、「中国一強時代」の到来も予測される。

共産党独裁を墨守する国家が世界の中心に鎮座するというカタストロフ的脚本は、もはや実現の手前まで来ている。覇権主義に人権蹂躙に言論統制で、唯一無二の阿鼻叫喚(あびきょうかん)。嗚呼、習近平は「世界の主役」にふさわしい人物なのか。

実際の習近平には、変装して街の視察に出るような了見さえなさそうだが。

<2019年12月10日号掲載>

早坂 隆(ノンフィクション作家)

最終更新:2019/12/13(金) 19:35
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事