ここから本文です

嵐のドキュメンタリー『ARASHI's Diary -Voyage-』、Netflix配信決定 数々のライブ映る予告編も

2019/12/13(金) 5:02配信

リアルサウンド

 Netflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ『ARASHI's Diary -Voyage-』が12月31日より全世界配信されることが決定し、あわせて予告編とキービジュアルが公開された。

 本作は、活動休止となる2020年12月31日までの嵐の姿を、これまでのアーカイブ映像とともに映し出すドキュメンタリー。英語、フランス語、ドイツ語はもちろん、ヘブライ語、アラビア語など28カ国語の字幕付で全世界190カ国にて、2019年12月31日から約1年間、毎月配信を予定している。

 1999年にデビューをした“嵐”はトータルCDセールス約4000万枚以上、コンサート動員数約1400万人以上という前人未到の記録を樹立し、日本人アーティストとして数々の記録を打ち立てた日本のボーイズグループ。そんな彼らは、2019年1月に「2020年いっぱいでの活動休止」を発表した。結成20周年となる11月には、ジャニーズ初の5大SNS解禁や、シングル曲の全世界デジタル配信の決定などを発表し、2日間アジア4都市を回ったキャンペーン「JET STORM」を敢行するなど、これまでにも増して精力的に活躍の場を広げている。そんな彼らは何を想い、「その日」に向かっているのか……。

 公開されたキービジュアルでは、一つの方向を見つめる嵐のメンバーの姿が切り取られており、予告編では、嵐の楽曲とともに各地でのライブ映像やメンバーの真剣な表情が映し出されている。

 また、嵐よりメンバーの松本潤、Netflixコンテンツ・アクイジション部門ディレクターの坂本和隆からはコメントが寄せられている。

コメント
松本潤(嵐)
20年活動してきた僕らが、2020年末で活動休止するのは何故か。
そして、僕らがその時「何を思い、何をしたか」その瞬間を一年間、伝えていきたいと思います。
僕自身、どんなドキュメンタリーになるのか今は想像がついていませんが、嘘偽りのない僕らがそこに映っています。
Netflixと組むことで世界190カ国、28の言語の字幕付きの配信が実現しました。
今まで僕らを知らなかった方にも、「日本にはこんなエンターテインメントがあったんだ」と興味を持ってもらい、日本の文化や人間性に触れてもらうきっかけになったら嬉しいです。

坂本和隆(Netflix コンテンツ・アクイジション部門 ディレクター)
日本を代表するアーティストである嵐。彼らを応援する国内外のファンへの想い、また誰も観たことのない一面までもを映し出したドキュメンタリーシリーズとして、Netflixメンバーへお届けできることを大変嬉しく思います。
Netflixは嵐の活動休止までの旅路をともに歩み、2020年12月までの一年間、この作品を皆さまに観ていただけることを楽しみにしております。

リアルサウンド編集部

最終更新:2019/12/13(金) 5:02
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事