ここから本文です

嵐 大野智、ジャニーズWEST 小瀧望に“意外な一面”明かされる「メールで使われる絵文字がすごい可愛い」

2019/12/13(金) 10:45配信

リアルサウンド

 12月12日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)に、NEWS・加藤シゲアキ&中条あやみ率いるSPドラマ『悪魔の手毬唄』チームとして、ジャニーズWEST・小瀧望、大友花恋、渡辺大、泉谷しげる、プラスワンゲストにスピードワゴン・小沢一敬、丸山桂里奈が出演した。

 オープニングトークでは、今年の11月から嵐が専用ジェット機でアジア4都市(ジャカルタ・シンガポール・バンコク・台北)を訪れた「JET STORM」の話題に。松本潤は、櫻井翔がキャスターを務める『news zero』(日本テレビ系)で当時の模様が取り上げられたニュースを見たと明かし、「『news zero』までがJET STORM」と言うと、櫻井は「嬉しいな」と喜んだ。

 最初のゲームは「クリフクライム」。『悪魔の手毬唄』チームからは加藤と小瀧が挑戦した。“天の声”に最近身体を動かしているかと聞かれた加藤は「金田一ミステリーっていうと頭使うドラマのイメージがあると思うんですけど、実は結構体張るシーンが多い」と、下駄を履いて走るシーンのためにジョギングを始めたと語った。嵐チームからは松本と大野智が挑戦。加藤は以前、ドラマ『失恋ショコラティエ』で松本と共演している。その時に加藤が共演者同士のグループLINEでご飯会に誘うと、松本を含めたメンバー全員から既読スルーされたという。悲しい顔でそのエピソードを語った加藤に、松本は「行こうね」とフォローを入れた。

 「バルーンシューティング」のトークでは、ドラマ『世界一難しい恋』で大野と共演した小瀧が「とにかくメールで使われる絵文字がすごい可愛い」と大野の意外な一面を暴露。嵐結成20周年を祝うメールを送ると「のんちゃんありがとう(ニッコリ)(ハート)」と大野から返信が来たと語った。楽曲が同時に流れ、何の曲か当てる特別企画「音嵐」では、様々な年代のクリスマスソングというテーマに挑戦。クリスマスソングだという前提があるにもかかわらず、相葉雅紀と二宮和也が「BOY MEETS GIRL」(TRF)、松本が「千と千尋の神隠しの曲」と珍回答を連発した。

1/2ページ

最終更新:2019/12/13(金) 10:45
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事