ここから本文です

『みをつくし料理帖』主演の黒木華、“マイ和包丁”で再び作り出す江戸の味

2019/12/13(金) 12:00配信

週刊女性PRIME

 2017年春に放送され好評を博した黒木華主演の連続時代劇、土曜ドラマ『みをつくし料理帖』がスペシャル版で復活(NHK総合 12月14日・21日土曜夜9時~)。

【写真】NHK・テレ朝・映画版それぞれの澪役女優たち

 江戸で評判の料理屋で腕をふるう女料理人が主人公の人情ドラマの続編となる。キャスト、スタッフとも思い入れのある作品の見どころは―。

料理と恋を描いた人情ドラマ

 2017年春に人気を呼んだ連続ドラマのスペシャル版。大坂生まれの天涯孤独な少女が、江戸で一流の女料理人になるまでの奮闘を描いている。原作は、400万部を超える高田郁の同名小説で、主人公の澪役は、黒木華が演じる。

「時代劇好きの方だけでなく、幅広い年齢層の方に好評で、放送後も続編を熱烈に希望するお手紙やメール、再放送のお問い合わせを数多くいただいていました。

 われわれスタッフもみんな“みをつくし”が大好きで、撮影が終わったとき、ぜひ続編を作りたい、と思っていました。

 高田さんの原作と、前作に引き続いて脚本を手がける藤本有紀さん(『ちりとてちん』『平清盛』など)の素敵な物語のワンシーン、ワンシーンを、さらによくしたいという思いから、いろいろなアイデアを持ち寄り、スタッフの思い入れが画(え)力につながっていたり、役者さんに気持ちよく芝居をしてもらえたと思います」

 と、山本敏彦プロデューサー。

マイ包丁を引っ提げてきた黒木華

 主演の黒木も続編を喜び、

「また澪を演じられることを大変うれしく思っております。澪の心づくしの料理と、人と人の関わり合いの深みを前回と変わらず心を尽くして演じたいと思います」とコメント。

 前作で料理指導を受け、鱧(はも)までさばけるほどの腕前になった黒木。愛用の“マイ和包丁”で、再び、料理監修の柳原尚之先生の指導を受け、撮影に臨んだ。

「澪の気持ちになりきって、本当に料理が好きという感じで、楽しそうに演じられています。

 黒木さんは、プライベートでも料理をされると聞いています。

 おいしいものを食べたときに、どうやってる作るのかなど、食への好奇心は旺盛だと思います」(山本P、以下同)

 スペシャルは、連ドラから3年後の江戸が舞台。

 澪は女料理人として精進を重ね、料理屋『つる家』は繁盛していた。澪が心惹かれる小松原(森山未來)や、信頼する町医師の源斉(永山絢斗)も、たびたび訪れる。

「原作の後半部分を猛スピードで描くのでは、“みをつくし”の世界観、テンポを維持するのが難しいと考えました。そこで今作では、澪と小松原の恋の行方を中心に描いています」

 前編(14日放送)では、小松原との恋が澪の料理人としての人生に大きな変化をもたらすことになる。

 後編(21日放送)では、幼なじみの野江(あさひ太夫)との今後を占う吉原“桜の宴”を描いている。

1/2ページ

最終更新:2019/12/13(金) 12:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事