ここから本文です

大幅節税・円満相続を実現する「生前対策」のポイント

2019/12/13(金) 13:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

来るべき相続に不安を感じている人は少なくありません。とはいえ、すぐさま具体的な対策に取り掛かるのはハードルが高いというもの。まずは、スムーズに乗り切るための基礎知識を学びましょう。本記事は、相続税の圧縮を目指す人に向け、生前の段階から実施可能な相続対策を紹介します。

「感情・経済」両方への配慮が、円満相続実現の鍵

筆者はこれまで、多くの方々の相続をコーディネートしてきましたが、大半の方は、相続に対して不安はあるものの、具体的にどうすべきかまではイメージができていないようです。それでも、いかに納める税金を少なくするか、つまり、節税対策が気になる方が多いのが現状です。

そして、相続人の感情面にも配慮が必要です。財産が分けられないために、もめることが多いからです。相続人の感情に配慮をし、分け方を考えなければ、節税対策もうまくいきません。節税には、相続が発生してからでもできる対策と、生前に準備しなければできない対策とがあります。さらには、財産の内容や本人と家族の状況や意思により、取り組む対策が変わります。

節税対策の前に確認すべき5つのチェックポイント

□ Check1 相続人の把握

相続は、財産の内容だけでなく、離婚、再婚、未婚など家族の状況や同居、別居、家業の有無など経済的な状況が複雑に影響してきますので、相続の用意がある場合とない場合では結果が大きく左右されます。

相続になっても乗り切れる財産にするよう、経済的な対策が必要です。また、感情的な部分にも配慮することで深刻な対立や争いを未然に防ぐことができ、争いのない相続が実現できます。対策をするために、相続人とその状況把握から始めましょう。

□ Check2 相続税はかかるのか?

相続人の把握ができたら、次は相続税がいくらかかるかを確認します。財産の確認、評価と整理をするようにします。

下記のリストにより、不動産、動産、負債について確認します。そうすることで、相続税がかかる財産なのか、どれくらいの額なのかもわかります。どの財産がどれだけあるかを把握することで、節税対策の方向性も決められるのです。

□ Check3 相続の課題は何か?

財産に関しては課題の整理も重要です。たとえば1つしかない不動産を複数人で相続する場合には、簡単にいかないこともあります。不動産の担保設定、連帯保証などは持ち越さないほうがいいでしょう。

また、不動産を共有している場合はトラブルになりかねないため、早めに共有を解消することをおすすめします。

□ Check4 財産の分け方を決めているか?

相続対策では「財産を分けられること」と「分け方を決めておくこと」が不可欠です。相続人同士がもめて分割協議がまとまらなければ、特例が使えなくなり、節税もできません。遺言書は相続人が迷ったり争ったりしないための羅針盤になります。生前に十分な話し合いができなかった場合でも、遺言書があれば自分の意思を実現させることができ、悲惨なもめ事も防げます。

□ Check5 分割金、納税資金はあるか?

相続税の納税は現金で一括納付が原則です。また遺産分割に必要な現金も、合わせて必要になることもあります。相続税の予想額を出し、遺産分割を考えると相続時にどれくらいの現金が必要となるかは、ある程度想定できます。現在の財産で、それに見合う現金や有価証券などの動産がある場合は大きな不安はありませんが、ない場合は、生命保険に加入しておき、分割金・納税資金を準備することもできます。あるいは、売却に時間がかかることもあるので、不動産は早めに売却して換金しておくことも方法の一つです。相続を見据えた分割金・納税資金の準備も節税対策と同様に重要なのです。

生前に賃貸事業をしていれば、一度にまとまったお金がなくても、家賃収入などを分割金や納税に充てることができます。ただし、収益が安定した賃貸事業にしておくことが大切です。

収支のバランスが取れて負担がない優良な賃貸事業にしておくことが、相続をスムーズにするプラスの要因となります。

1/3ページ

最終更新:2019/12/13(金) 13:00
幻冬舎ゴールドオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事