ここから本文です

intime、ロングセラーモデルの後継機「intime碧ー2」。セラミックトゥイーターやステンレス筐体を採用

2019/12/13(金) 13:12配信

PHILE WEB

オーツェイド(株)は、今秋生産終了となったイヤホン「intime碧」の後継機である「intime碧ー2」を、2020年1月の中旬から下旬ごろにe☆イヤホンにて先行発売する。価格はオープンだが、税抜5,908円前後での実売が予想される。

2016年より販売されていたintime碧は今秋生産が終了されていたが、「多くのお客様からこの特徴を進化させた次機種開発のご要望を常々頂いており、そういったお客様のニーズにお応え出来る後継機種」としてintime碧ー2の開発が行われたという。

7月に発売された「intime碧-Ti3」に用いられる独自開発の積層型セラミックトゥイーターVSTやHDSS技術を搭載。加えて10mmグラフェンコートウーファーをメインのユニットとしてドライブすることにより、解像度が高く奥行き感のある空間表現性能を実現したという。

初代モデルで課題となっていた軽量化を解決するため、筐体にはステンレスを採用。筐体重量比で16%の軽量化を実現するとともに、熱加工で材料剛性を上げて制震性に優れ、かつ傷の付きにくい筐体を実現している。剛性の向上により、音響伝達速度も向上し初代モデルを上回る高解像度を実現したとのこと。

再生周波数帯域は20Hz - 40kHzで、インピーダンスは22Ω、音圧レベルは102dB/mW。アコースチューン製イヤーピースやオリジナルイヤーフック、本革コードリールが付属する。

先述の通り2020年1月の中旬から下旬ごろにe☆イヤホンにて先行発売予定。また明日12月14日より開催の「ポタフェス2019」にも出展され、12月21日からは全国のe☆イヤホン店舗にて予約が開始する。一般店舗での取り扱いは2020年中旬以降になるとしている。

編集部:杉山康介

最終更新:2019/12/13(金) 13:12
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事