ここから本文です

好きなワインをブレンドしラベルをつけて自分だけの1本を作れる「WINE BLEND PALETTE」

2019/12/13(金) 15:55配信

週刊SPA!

―[30代が知らないと恥ずかしい! 今さら聞けないお酒のキホン]―

 ワインは1種類のブドウから作ることもありますし、複数のブレンドを混ぜることがあります。前者は「単一ワイン」、後者は「ブレンドワイン」と呼びます。単一ワインはブドウの特徴を楽しめますし、ブレンドワインは複雑な味わいに仕上げられます。

「混ぜる」というと何かチープなイメージを持つこともあるかもしれませんが、違います。複数のブドウから作られたワイン原酒(キュヴェ)をブレンドする工程を「アッサンブラージュ」と呼んでいます。異なる味を調和させ、さらに美味しいワインを作り上げるのです。

 世界で最も有名なワイン産地のひとつ、ボルドーでは主に数種類のぶどう品種をアッサンブラージュしたワインをつくっています。世界最高峰のワインでもアッサンブラージュしているものもあるのです。

自分だけのワインを作れる「WINE BLEND PALETTE」を試してみた!

 このアッサンブラージュを家で楽しめるように、自分だけのワインを作れるサービスがあります。「WINE BLEND PALETTE」では、ワイン原酒を選び、自由な配合でブレンドし、好みのデザインのラベルを付けて、ワインを作り上げられるのが特徴です。

 もちろん、筆者も購入してみました。作るのは赤ワインです。まずは、7種類のキュベから5つ選びます。ブドウの種類は5種類なのですが、カベルネ・ソーヴィニヨンだけ、フランス産とチリ産、そしてフランスで樽熟成したものの3種類が用意されているためです。今回は、シラー、メルロー、3種類のカベルネ・ソービニヨンを選びました。

 続けて、5種類のキュベそれぞれの比率を決めます。それぞれのキュベの特徴や香りの印象を参考に+/-をクリックしましょう。10mlあたりの金額も表示されています。筆者は、カベルネ・ソーヴィニヨンの樽熟成が35%、フランスが15%、チリが20%、メルローとシラーが15%ずつにしました。

 続けて、ラベルを作り、決済すれば完了です。価格は2527円で、消費税と送料を合わせて3543円でした。しばらくして、自分で選んだラベルのワインが届きました。ちなみに、送付元が「WINE BLEND PALETTE」ではなく、運営会社名のマンズワイン株式会社になっています。

 ワインは最初、酸味が効いていて、「あれ?」と思ったのですが、みるみる開いていき、とても美味しくなりました。2000円台のワインで、しかも素人が味見もしないでアッサンブラージュしたのに、ここまで美味しければ十分です。アヒージョと合わせて、速攻で飲んでしまいました。

1/2ページ

最終更新:2019/12/13(金) 15:55
週刊SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事