ここから本文です

岩田明子/安倍晋三vs.文在寅「激突900日」〈総理を最も知る記者が書いた日韓首脳の攻防「全記録」〉――文藝春秋特選記事【全文公開】

2019/12/13(金) 6:00配信 有料

文春オンライン

 今年9月25日、国連総会にあわせ、ニューヨークで開かれた日米首脳会談。議題が北朝鮮問題に及ぶと、米大統領のドナルド・トランプは首相の安倍晋三にまくし立てた。

「金(正恩)は文(在寅)からの電話を取ろうともしない。韓国は北朝鮮にナメられている」

 厳しい表情のまま、否定も肯定もしない安倍。トランプは自身の関心のある問題を次々とぶつけてくるのが常だ。この日も、韓国への輸出管理厳格化について尋ねてきた。安倍が、

「これまでの優先的な扱いから他の国と同じ通常の扱いにしただけだ。EUも韓国を優先的に扱っていない」

 と説明すると、今度は「貿易規制なのか」と質問を重ねてきたトランプ。安倍は「個別に審査をする輸出管理であって、貿易規制ではない」と断言し、兵器に転用される恐れのある不正輸出が韓国国内で多数摘発されたことなどを付け加えた。 本文:8,518文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込220

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

岩田 明子/文藝春秋 2019年12月号

最終更新:2019/12/13(金) 16:14
文春オンライン

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る